神戸市立自然の家 スタッフブログ

「 アウトドアクラブ 」 一覧

12月アウトドアクラブ 2日目の活動

2020/12/23 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

こうべアウトドアクラブを担当していますノゾエです。

大変遅くなり申し訳ありません。

2日目の活動を紹介したいと思います!

 

DSC_9589  DSC_9639 DSC_9665 DSC_9731 DSC_9656

いつもどうりですが、基本自分たちでできることやお片付けも含めて自分たちでする。を子ども達はしています。

朝のお掃除やご飯の配膳なども含めて。ここら辺にかんしては今回は割愛させていただき、2日目のメイン活動その①!

クリスマスケーキを作ろう!です。もともと企画しているときは、グループに一つのホールケーキが作れればなと思っていましたが、情勢を考え個人のクリスマスケーキを作るに変更しました。

フルーツは、アレルギーの関係もあるので桃2種類・いちご・みかんを用意して、ソースとしてホイップのままかチョコホイップにするかも含めてグループで話し合って決めています。子ども達がスタッフの分も作るよって言ってくれたので私たちの分もお任せしました!

スポンジを二つ重ねて大きいケーキを作る子や一つだけにしたり、小さくしてたくさん作ったりとそれぞれの個性あふれるケーキができていました!作り終わって余ったホイップを味見をしている子が続出…。余りにもホイップを味見しすぎてたので、ちゃんとごはん食べることと約束して次の活動へ。

 DSC_9744

 の前に、使った道具の洗い物!洗い物が終わったら手洗い、アルコールをして今回のメイン活動その② クリスマスパーティー会場へと移動します。

DSC_9747

 パーティーの会場も自分たちで考えて飾りつけや席の配置をしてもらっています。真ん中に食べ物や飲み物を置く場所、その周りに班の座る場所といったことも含めてよくできていました!

パーティーを始める合図はクラッカーです。まさかのクラッカーの音が怖いという子が何人かいました。これは私の想定外のことでした。なので、怖いという子たちにどうするか聞いて、外に避難する!ということになりました!

DSC_9750 DSC_9753

 クラッカーがなると!?サンタクロースの登場です!(ざわざわと外で話しているのが聞こえたんですが、どうやらクラッカーから避難した子たちと遭遇したようです)

サンタさんがプレゼントを持ってきてくれました!このプレゼントは、どうやらこの後に何かあるみたいです。

まずはみんなでご飯を食べる時間に。みんなでワイワイとしながらごはんタイムに入ります。

さて、ここで一つ問題が発生。大量にまとめて持っていく人がいる。と。これもまたよくあることですが、よくあるからこそ子ども達に考えてもらいます。基本、私が考えて提供するプログラムのごはんについては、余ることを前提で考えて用意しています。それはこれまでも含めて知っているよねと。そのことをもう一度子ども達に伝え、揚げ物に関しては揚げるのに時間差があるので全員分ちゃんとあり、暖かい状態で食べてほしいので今の瞬間がないだけで用意はちゃんとあります。なのでみんながうまくわたるにはを考えて…と。

昔は兄弟が多かったので、食べ物争奪戦はよくありましたが今はあまりないですよね。食べ物の恨みは怖い…。

これもいい経験かな。

 

DSC_9755 DSC_9763

ご飯もある程度食べ終わってゆっくりできている雰囲気が出ていたのでまずは私からの出し物を1つ。

ビンゴゲームを提供しました。

DSC_9769 DSC_9775

ビンゴゲームは久しぶりにしました。全員分に当たる形でもよかったのですが、ここで当たらなかったという思い出も一つの経験になると考えて全員分ではなく先着10名までと考えて提供してみました!

 DSC_9777

 一番!にビンゴがそろっておめでとうー!

今回の商品は、私が作ったものになりますがジェルキャンドルです!家で火を灯してくれたかな?

 DSC_9089

 私からの提供が終われば次は子ども達が考えたイベントです。

司会も含めてイベント企画チームの子ども達に進行をお任せしました!

DSC_9805

 なぞなぞが合ったり、ジェスチャーゲームが合ったり、私がかなり前にプログラムで提供した積み木を自分たちで考えしっかりした説明で提供していましたね。

DSC_9797 DSC_9843

DSC_9089DSC_9824

  子ども達には、司会進行するときにはしっかりと流れを考えて話そう。そのためにも時間をしっかりと管理しながら提供しよう。時間の管理をするためにはリハーサルが必要だよね。など、気を付けることや目標を見える化して伝えて考えてもらいました。

イベントの内容としても、しっかりと説明ができている。花丸!

役割で、タイムキーパー役の子がいたり、マイク係がいたりと必要な役割を考えてそれぞれ頑張っていたところ。花丸でした!

伝えるための熱意!十分伝わり花丸でした!といった私が見てもイベント企画チームは花丸だらけの内容でした。参加している子たちも楽しそうに活動していましたし、イベント企画チームもやり切った顔も見れたり、とても素敵な時間を過ごせましたね。

  DSC_9159

 子ども達のイベント企画が終われば待ちに待ったプレゼント交換の時間です。

前からの子ども達の希望で全員でするのではなく、男の子・女の子分けて!といわれていたので分けてしています。

クリスマスの音楽に合わせながら順番にプレゼントを回していきます。

女の子はさすがリズムに合わせながらプレゼントを回していきます!

あれ…男の子は…?と、プレゼントは回っているけどリズムが全然違う&同じ場所にどんどんたまっていくよ?

DSC_9170

 スタッフのとりぞーがとまってしまっているところを援護しているシーンです。

 その様子を見ながら私は心の中で面白いなーと見ていました。音楽が止まった時、男の子のチームは援護があっても手元にない子が何人もいます。女の子のチームはスムーズにできたのでお互いのプレゼントを見て、見せ合いっこや誰が用意したものでどうやって使うの?といったお話をしたいとのことで、いいよと和気あいあいとしていました。男の子のチームは手元になかったりあるところに固まっていたりとしていたので、不満顔。もう一回したいと伝えてきたので、もう一回するのは構わないけど、また同じようにならない?同じようにならないためにはどうするのかが考えれたらいいよと伝えてその方法を話し合って模索していました。決まったのはみんなで はい!はい!と声を出しながら音楽に合わせてゆっくり回す方法でした。アウトドアクラブのレクリエーションのどこかでしたなー。懐かしいなーと思いながら、息を合わせるのって難しいよね。息を合わせるためにどうしたらいいんだろう?を考える機会のレクリエーションとして提供をしたのを思い出したのかな?仕切り直してもう一度チャレンジ。そのシーンの子ども達はむっちゃ微笑ましかったです。無事成功しましたね。

 DSC_9851

 さぁ、そろそろ終わりの時間が近づいてきました。うん、時間がすでにオーバーしている。

DSC_9860 DSC_9861

 でも、忘れちゃいけないのがケーキの時間タイム!!自分たちの作ったケーキを実食です!

ケーキを食べながら、もうお腹いっぱーいの声がちらほらと。少ないよりかはいいんですが、食べ物がたくさんあるということにはありがたいという感謝の気持ちともったいないということを考えては欲しいので、少し注意を。特に事前に、たくさんあるからということは伝えていますし、味見と称して生クリームをたくさん食べていて、この後もちゃんと食べると約束した子にはしっかりとお話をしました。時間がたつのはあっという間です。お片付けの時間が足らなくなってしまい、急遽ご参加いただいている皆様にはLINEにてお知らせをいれてしまい申し訳ないです。おかげでしっかりと自分たちでお片付けをすることができました。

 DSC_9875

  あっという間の1泊2日でしたが、どんなお話を家ですることがみんなできたかな?

私自身は子ども達が今回、自分たちで考えるクリスマスパーティーができたのは一人一人がしっかり考えたり、もちろん話し合いがうまくいかなくて、もしくはせずに動いてしまいすれ違っていたりの場面もありましたが、これまでの体験した経験からもう一度話し合ったり、活動に向き合いお互いが作り上げようとしてくれたから良いクリスマスパーティーになったんじゃないかなと思いました。

 2020年の4月から始まり、この2年で学年が上がったからだけではなく、一人一人がこうべアウトドアクラブの活動を大切に参加してくれていることが今回とても感じれたのがとても嬉しかったです。

 DSC_9948

 最後のワンシーン。摩耶ケーブルロープウェイにいるぬいぐるみのカピパラと共に。

余談ですが、この写真私撮った記憶ありません!参加している子ども達の中の誰かかな?私より写真撮影うまくなっていないか…?

 最後に2020年も残すところあと少しですが、これからもアウトドアクラブをよろしくお願いします。

それでは、本日はこの辺にて

こうべアウトドアクラブ担当 ノゾエ

こうべアウトドアクラブ

2020/12/17 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは!

12月12日~13日と1泊2日で開催しましたアウトドアクラブも終わり、写真のアップが終わりましたのでご報告となります。

 

ここでいつもは活動報告を!

といいたいところですが、すいません、写真のデーターを参加したもう一人のスタッフが持っておりすれ違いで私の手元に今ないので後日あげさせていただきます。

2020年も終わりということで、少しアウトドアクラブを振り返って。

 

こうべアウトドアクラブでは、会員制として月に1度、デイや宿泊など色々な形態をとりながら『体験から学ぶ』をテーマに、学校や年齢といった枠を超えた仲間として活動をしております。始まりは、定期的な活動を通じて子ども達と共に成長できる場、居場所になれる場を作りたいという思いから会員制として作りました。去年から活動をはじめまだ2年しかたっておりませんが、色々なお子様と関わっていく中で、子ども達の変化や成長が見れることにとても嬉しさを私自身感じております。

今年に入って、予想外のコロナウイルス感染症が続きなかなかイベントができない4月・5月・6月の中でも、継続して登録をしていただいている皆様や今年から入ったお子様も含めて大変感謝しております。

12月の活動を見ていて、みんなが楽しむんだ!と活動に取り組んでくれているなと感じました。

私自身企画をしているので子ども達に楽しんでもらいたいと思い色々考えながら提供してはいますが、1番大切なことは参加している一人一人が自分から楽しもう!とすることが必要だと考えています。一人一人好きなことや楽しいこと、苦手なこと、違いがありその違いを認め合いながら、一緒に活動を通じて仲間になっていくんだろうなと思います。もちろん正直に言いますとその違いがけんかに繋がったりもたくさんしています。しかし、関係性が深まれば喧嘩は起きるものだとも私は考えています。喧嘩をして違いを感じ、その違いをお互いにきちんと話し合い認める。その認めることが、お互いの関係性を一歩深めるのではないかと思います。なので、喧嘩しているときはしっかりとお互いの言い分を聞き、これからどうしていくのかを私も含めて考えていくようにし、喧嘩しただけのすれ違いがないように子ども達の様子を見るようにしています。回を重ねるごとに子ども達同士の関係性が深まり、子ども達が自分たちで考えることができるイベントを作ることができるようになってきています。今回の12月のイベントはそんな機会となりました。また、後日イベントの詳細についてはアップしたいと思いますが子ども達同士が今後もお互いを信頼しながら活動に取り組める場を提供できればと思います。

そのためにも子ども達には、安心安全な場になるように、子ども達の居場所になるように活動をしています。

 

『参加する』『一生懸命する』『約束を守る』『心も体も安全な活動にする』『楽しむことを大切に活動をする』の5つの約束をこうべアウトドアクラブでは、最初に子ども達にお話をして活動に取り組んでいきます。

私自身は、大人としてというよりもお互いに人と人との繋がりとして、これからも子ども達と共に成長ができればと考えながらイベント企画をしています。なので、子ども達からたくさん学ぶことも多いです。

1年があっという間に過ぎ去り、激動の1年でしたがこれからも変わらず子ども達の居場所として、

こうべアウトドアクラブを続けていければと思い今回ブログにて忘れないため記載しています。

文章だけで長くなりましたが、今後共よろしくお願いします。

 

それでは、本日はこの辺で

こうべアウトドアクラブ担当 ノゾエ

12月アウトドアクラブ 1日目の活動が始まりました。

2020/12/13 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんばんは。

12月12日~アウトドアクラブの1泊2日が始まりました。

こうべアウトドアクラブとして、活動を始めて2年目に入っておりだいぶご参加いただいているお子様も落ち着いてきていますので、少し変わった活動で展開しようとしています。

 

今回は、体験や新規のお子様がいなかったのでアウトドアクラブでは、初めての取り組みですが

クリスマスを自分たちで作ろう!として、活動を現在しているところです。

中身は子ども達が話し合って作っていっているところです。

 

さて、ではどんな活動かというと…。

DSC_9330 DSC_9344

今回のルートもいつも利用させていただいている摩耶ケーブルロープウェイを使っての山登りルートです。

みんなも慣れてきてだいぶ体力がついてきたかな?

11時半には自然の家に着いたので、はだしの里に一度集まってごはんタイムです!

ここまではいつもの流れですね。

ごはんを食べ終わったら、泊まる施設に移動して初めての試み。

自分たちで班を作ろう!と子ども達に声を掛けています。

 

寝るお部屋も自分たちで決めます。

ルールとして、子ども達には1人にならないようにしてください。1人ってグループじゃないよね?なのでお互いに声を掛け合ってほしいと伝えています。そこから少し時間をとって子ども達にそれぞれ進行も含めて任せてみました。

きちんと男の子たちは4班分 女の子たちは3班分とそれぞれ話し合って決めていましたね。

班と寝るお部屋が決まれば少しレクリエーションゲームで遊びます。

DSC_9363

 上の写真は班の話し合いをしているところですね。

レクリエーションの写真は、今回ライン動画が使えるかどうかを少し試したかったので動画でとっていたんですが、ご参加の皆様にアップしようと思ったら、データーが重いのと自然の家の回線がよく考えたらADSLで、速度が…10分ぐらいアップするために置いてたんですが5パーセントだったので諦めました…。明日家に帰ったらできるか試してみます。

 

DSC_9364 DSC_9393 DSC_9398 DSC_9401

さて、明日はクリスマスパーティーをみんなでするために、準備に取り掛かります。

そのため、3つのグループに分けて活動をしました。

①自然の家のロビーをクリスマスバージョンに飾りつけをしようチーム

②パーティー会場を作ろうチーム

③パーティーの中のイベントを考えようチーム

の3つです。③は誰もいないかな?と思っていたのですが、なんと4人も集まりました!

上の4枚の写真左上のメンバーです!私はここのチームでお話を聞いていましたが、しっかり何をしようか。これはダメでこれをしたらもりあがるんじゃないか?など、台本まで作ってリハーサルも込みでしていたので本番に恥ずかしがらなかったら良い会になるんじゃないかな?と期待しています!また、このメンバーもほんとに、成長したなと思います。最初から最後までずっと付きっ切りで見ていなくても自分たちで話を進めることができる。というのは私からしたらこの年齢の時できていたのかな?とふと考えました。

 

ロビーチームも会場チームもそれぞれどうやって行くのかを話し合いながら場所や見せ方などを考えながら準備していきましたね。

DSC_9416 DSC_9394

窓いっぱいの星や、玄関の窓にメリークリスマス!など、思い思いに考えながら飾りつけをしていっています。

この飾りつけは12月25日まではそのまま残しておこうと思っています!

また、お時間があるのでしたらふとよって頂いてロビーを見ていただいても大丈夫です!

 

DSC_9493

 アッと今に外が真っ暗に…。

17時には真っ暗になるのは冬の季節ならではですね。

ご飯を食べて、今回のメイン活動 その2 掬星台へ1000万ドルの夜景を見に行きます!

お外は真っ暗で、何も見えません。そのため、自然の家からランタンの貸し出しや懐中電灯を持ってきている子たちは手に持ち夜景が見える場所まで目指して歩きます。

歩くこと30分。普段から、登山でよく使うルートですがまた夜に歩くと雰囲気が違いますよね。

途中でランタンの電気を消して夜空を見たりと色々なお話をしながら目指して歩くと到着。

DSC_9500 DSC_9496

プロのカメラマンさんのように取れませんが、子ども達はこのような夜景を見に行っています!

ただ、子ども達にとっては夜景よりも掬星台にある輝石のが興味があるようで、夜景はそっちのけでみんな輝石を熱心に見ていましたね。

ただ、やはり冬なので10分ほどで寒い!という声がたくさん上がってきました。見ていた時間はほんの一瞬ですが心に残っているといいんですが…。あまりにも夜景に対してみんなたんぱくだったので、お家に帰ってきて聞いて頂ければと思います!

DSC_9516 DSC_9514

 夜景を見に行って帰ってくれば、のんびりお風呂の時間とフリータイムの時間にしました。

疲れた子は寝ていいよとしていたのですが、みんな起きてロビーで本を読んだり、トランプをしたり折り紙で遊んだりとしていましたね。

 あっという間の1日でしたが、明日のパーティーはどうなるのでしょうか!?

楽しみのようであり不安のようでありと、とても複雑な気持ちですがきっとできると信じて。

 ご参加している子ども達は今はお部屋でゆっくりと寝ています。

それでは、本日はこの辺にて。

神戸市立自然の家 ノゾエ

11月22日~23日のアウトドアクラブ1日目!

2020/11/23 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

皆さんこんにちは。

 

11月22日~23日のアウトドアクラブの活動について今回アップ致します。

 

今回の活動は、アウトドアクッキングをメインとした活動にしており、子ども達が自分たちで火をつけ、また食材なども自分たちで調理をします。自分に何ができるんだろう?をたくさん考える機会になるかな…?

 

では、活動内容です。

DSC_8266

 天気にも恵まれ、気温にも恵まれましたね。

寒すぎず暑すぎずと集合するときはちょうどいい温度でしたね。

今回の活動人数は35人のお子様がご参加いただいております。

 少しずつご参加いただいている人数が増えており、ご紹介など本当にありがとうございます。

人数的にはここら辺をめどに(私が把握できる人数のぎりぎりかなと)、同じ内容で月に2回ほど開けたらなとも今考えております。

また、それは来年以降のお話となりますが、今回新規としてや紹介の体験ということで6名のお子様がご参加いただいております。

 DSC_8442

 さて、今回は久しぶりの泊りでの活動ですのでじっくりとグループの時間をとることができております。

どうするかは、グループとして話し合い決めていきます。

例えば!早速掬星台についたら、子ども達からごはんを掬星台で食べたいという声がちらほらと。

10月もそうだったなーと思いながら、子ども達に聞きます。

ご飯をここで食べたいっていうこと、自然の家で食べたいということがだいたい半分半分でした。

 『さて、どうする?』、せっかく職員が2人いるので、子ども達にグループでどうするかを考えてもらい動くことにします。

グループとして納得いくように、したいことがあるならうまく相手に伝えて説得をしないといけません。

男の子たちは、はだしの里でご飯を食べたらすぐに遊びたい!ということで、自然の家へとみんなの希望が決まりました。

女の子たちは、掬星台でご飯を食べてから自然の家を目指すということで決まり、2つに分かれることに決定しました。

私は、4班も一緒に見ているので、掬星台で一緒にのこり、とりぞーにはだしの里組は任せました。

DSC_8477

 色々と声を掛けてくれる高学年の女の子たちが多く、それぞれ役割を決めて低学年の子を見てくれていたので今回はきっかけ作りをして自分が見ている班は、子ども達同士である程度任せています。

 DSC_8506

 はだしの里についたら、少し女の子たちも遊ぶ時間を作ってから、施設の中に入ります。

自然の家では自分で布団をひいて自分で片付けもします。なので最初は施設の使い方から説明をして、少しグループ作りのためにゲームをして遊びました!

 DSC_8531 DSC_8534

 これから1泊2日一緒に活動をしていくので、お互いに名前で呼び合えるようにお約束として伝えてゲームをしています。

今回は名前を呼びあったり、伝え方を中心としたゲームをいくつか取り入れながらグループで遊んでみました!

 DSC_8555 DSC_8556

 グループレクリエーションが終わったらお部屋で布団をひき、クッキングまでの時間は自由にしていいよと伝えたら、準備ができた子から順番にロビーで遊びだしました。お友達同士で参加している子は、他の部屋ができるまで本を読んでいる子もいましたね。

この時間をどうやって過ごすかも子ども達の自由です。自分たちで何をするのか。自然と自分たちで声を掛けてロビーで遊んでいます。

 DSC_8563 DSC_8589 DSC_8601DSC_8565

 今回のメインはチーズフォンデュ作りです。

火のおこしかたを学んで火おこし組と調理をメインに包丁で食材を切る子たちに分かれてスタートしました。

フォンデュは、大きなアルミホイルの中に入れて串にさしてつける。つけた後は自分のお皿に乗せて箸で食べるとしてみんなで楽しみながら料理作りができたかな?感想はまたお家に帰ってきたら聞いてみてくださいね!

 あっという間に3時間が過ぎたころ雨がぽつぽつと降ってきました。少し強くなってきたので、焚火は断念。

でも子ども達からマシュマロは食べたいと強い希望が…!

 BQコンロの炭でマシュマロを焼くことにしました。

DSC_8711

 写真としては…笑顔ですが、この前に説明を聞かずに男の子たちはずっといらないことをして私に怒られています…。

(理由としては、マシュマロを食べたいという子が多かったので、笛を使って呼びかけ、その説明をするから一度座ってくださいと2回言いました。が、座りません。そのうえで違う話をずっとしていて5分以上たち、その間女の子たちは座って待っています。もちろん、気づいて座っている男の子もいましたし、リーダーもずっと声を掛けていたんですけど。よほど重要なお話だったんでしょう…。女の子たちの時間がもったいないので、男の子たちにはどうすれば前で話している人がいたら話を聞けるようにできるんだろう?をマシュマロの時間で考えてくださいとお話して女の子たちには流れの説明を。男の子たちは話し合いの時間に。きちんとグループで話し合ってちゃんと話し合ったことを守れるのならマシュマロを焼く時間にしますとなりました。)

 基本的に、子ども達が自分で考えて自分でできることは自分でする。できないことをチャレンジしてできるようになるように少しずつこのこうべ アウトドアクラブで成長していってほしいなと思い活動しています。が、自由には責任があると私は考えてもいます。なのでちゃんとやらないといけないことできることはちゃんとする。していいことと悪いことに関してははっきりと伝えて、これからどうしていくのかを考えてもらっています。最初からちゃんとできたらいいんですが、誰でも最初は出来なくて当たり前なので、きちんと説明をできるだけわかりやすく伝え、実践できるなら実践しながら伝える方法を極力とるようにして、そのうえでやってはいけないことや何度も同じことを説明しないといけない状況の時に怒るようにはしています。

 怒るとき、自分も近所のおじちゃんに遊んでてよく怒られたなーとふと思い出しました。おじちゃんもこんな気持ちやったのかな?

とりあえず私は、怒るのは疲れます…。

話がそれました…。

DSC_8729 DSC_8743

 すいさんのお片付けをして、お風呂に入って、ホットココアで一休みをして早く寝る子は寝て、まだ眠たくない子は21:45まではロビーで遊んでとそんな1日を子ども達は過ごしています。

 さぁ、明日は火のつけ方などは今日伝えたので説明は入れずにカレー作りを子ども達はチャレンジします!

 それでは本日はこの辺にて。

神戸市立自然の家 ノゾエ

10月31日 アウトドアクラブの活動 改定

2020/11/03 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

10月31日に開催したアウトドアクラブの活動を記載していきます!

 

前日、夜の気温が自然の家では9度ととても寒かったので、

当日大丈夫かな?と思いつつも蓋を開けてみれば結構暖かい!

集合場所で待っているとき上の服を着ていると暑くて…。脱いでしまいました。

 

DSC_7977

 天気もとてもよく気持ちいい気候。

シーズンとしても最後のカヌーをする季節かなと思いつつ、子ども達の集合を待っていました。

DSC_7983

 今回参加は22名のお子様です。

久しぶりに参加のお子様や初めての参加のお子様もおり、どんな子かな?前回の活動を覚えてるかな?と、1年生の子もいるのでゆっくりと歩きながら自然の家を目指しました。

 ちょうどこの日はハロウィンの日でした。

DSC_7994 DSC_8030

 摩耶ビューラインもハロウィン仕様にっ!!

ケーブルに乗っているとき「なんでハロウィンなのにフクロウがいるの?」と聞かれましたが、答えられません!逆に私も聞きたかった!!

 私が子どものころはハロウィンなんてなかったので、私自身もよくわかっていません。ハロウィンって何なんでしょう?

 話が脱線しましたが、摩耶ケーブルロープウェイを利用して掬星台へ向かいました。

掬星台に着いたときに子ども達から、『お腹すいたー』の声がみんなからたくさん出てきました。

『ごはんは掬星台で食べる?』と聞いたところ、みんなが「食べるー!!」と同意したので予定を変更して掬星台で食べることにしました。

 私がアウトドアクラブをしているとき、こうやって子ども達から意見や考えがあれば全体を通じて確認し、プログラムを変更することがたくさんあります。もちろん、全員が納得しなければ意味がないので、したいこと・やりたいことを聞いて伝えることもあります。自分で何でそれをしたいのかなど、周りの子たちに説得することを自分たちで考えて話し合ってもらいます。周りの子を説得するということ、相手にどうやって伝えれば納得できるのかなど、自分たちで考えることを放棄して指示を常に待つ子ども達が増えるのではないかなと思います。学校教育も転換期に入ってきており、最近自分自身の考えを伝える場が増えてきていますよね。

自分一人で活動しているわけではなく、自分以外に周りに人がいる。伝え方や話し方によっても受け取り方は人それぞれ違う。常に私が指示を出すのではなく、できる限り子ども達同士が話し合う場、みんなで作っていく場として『こうべ アウトドアクラブ』は実施していきたいと考えています。

 DSC_8088

 今回のメイン活動はカヌー体験とたたき染活動。

カヌーは去年も参加した子が多かったので初めての子も含めてもう一度説明をします。

 DSC_8172

 この天気!カヌー日和ですね!

DSC_8187

 カヌー体験が終われば、たたき染め用の草木を自分たちで取りにいきます。

植物にはたたき染めに向くものと向かないものがあり、子ども達は考えながら植物を取っています。

 取ってから『この葉っぱは向く?』とよく聞かれますが、たたき染に向く葉っぱは最初に説明しているので、自分たちで考えてもらいます。

『自分が向くと思うなら取って持っていこう。』実際に向かないときは叩いても色素が出ないので、答えは教えずに自分で考えて体験から気づく。些細なことかもしれませんが、そういうところを大切にしています。

 PA310060DSC_8240DSC_8217DSC_8246

 たたき染めの活動は、植物を叩いて色素を出して定着します。

素直に形が出るもの、出ないもの。色々と違いがありますが、子ども達の特徴が出て面白いんですよね。

ただ、音がうるさいので、お外での活動をするにはいいんですが、今回はテントロッジの中で活動しました。

 納得できる、出来ない、色々ですが時間はあっという間に過ぎていきます。

もう15時に…。

 帰る時間になったのでお片付けをして、出発へ。

本当に日帰りでの活動はあっという間で時間が足りません!

もっとしたいことが沢山あります。そこで!次回11月22日日帰りでの予定でしたが、11月22日~23日の1泊2日に変更しております。また、12月13日の日帰りを12月12日~13日の1泊2日で予定したいと思います。

皆さんのご参加お待ちしております。

※ご参加いただいています保護者の方から、フクロウ、こうもりなどなぜ?と書いていることを調べてくれました!

昔は、ハロウィンの時期にたき火を焚くことも習慣としてあったそうです。

焚火には自然と虫が寄り、その虫を食べるためにフクロウやこうもりも集まってきたということです。

またフクロウの鳴き声には、たまに甲高い声などがあり魔女を創造するとのことで、ハロウィンにはフクロウも関係があるとのこと。

なるほど!ですね。日本でいうお盆の変わりと思っていましたが、そういうお話もあるんですね。

調べていただいてありがとうございました!

12月なのでクリスマスパーティーを自分たちで作り上げようとして、今プログラム案を考え中です。

皆様お楽しみに!

 それでは本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ

10月11日 こうべアウトドアクラブ

2020/10/13 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

こうべ アウトドアクラブを担当しておりますノゾエです。

今回は、最近カンツリーハウスに出来たフォレストアドベンチャー体験をメインの活動として子ども達と一緒に行ってきました。

『体験から学ぶ』をテーマに、今回は高いところにあるエレメントを使って子ども達に1歩踏み出す勇気が試される内容になったかな?

 

人数が1グループで10名ちょっとまでということで、2グループに分けて職員も分けた上でチャレンジしました。

今回ご参加いただいた皆様に2つ謝らないといけないことが…。

男の子はすいすいと行くんですが怖い子もおり、高所ではあちらのスタッフの補助は全くなかったため高所での活動にて私が必要なお子様のお手伝いをしていたためかなり遅れてしまい正直に言って今回とっている写真が限界でした。そのため写真に写っているお子様がかなり偏っています。

また、グループが分かれたため私がついているほうは写真が撮れていますが、もう一つのグループはカメラは持って行っていましたが、途中でバッテリーが切れたとのことで…。確認したところほとんど写真がありませんでした。申し訳ありません。

やっぱり準備は全部自分で確認すべきですね。申し訳ありませんでした。

 

DSC_6931 DSC_6942

今回は、前日まで台風の影響があり心配しましたが無事開催することができて良かったです。

が、まさか運動会が延期になりキャンセルが結構出たのでそこら辺の日程ももう少し調べればよかったかなと思いました。

さて、カンツリーハウスまで少し遠いので体験の時間も考えるとバスで上がる事にしました。

バスで揺られること60分ほどでカンツリーハウスに到着。

天気も持ち直したこともあり、入場するとき結構な人がカンツリーハウスに並んでいましたね。

 

DSC_6953 DSC_6969

フォレストアドベンチャーにチャレンジする前に安全対策として、ハーネスをつけます。

子ども用はフルハーネス(全身バージョン)でしたね。こちらのが安全性は抜群なので安心ですね。

着方については向こうのスタッフがチェックしながら着せてくれます。

DSC_6986

場所によってルールや着方が違うので見守ります。

全員が切れたら

では、チャレンジの開始です!

DSC_6990 DSC_6996

フォレストアドベンチャーは外から見えないようになっているんですね。

森に囲まれた中にアドベンチャーゾーンがありました。

今回のコースはキャノピーコース。すべてを体験するコースです。

 

DSC_7004 DSC_7013

安全器具をワイヤーに自分でかけてチャレンジ開始です。

基本的には自分で自分の身を守るという方針で運営しているようですので、ワイヤーに安全器具を掛けるなどは自分で行います。そのための身長制限などを作っているのでしょうね。1年生でも前の方の小さい子は身長が届かない…!?

ここで使用しているカラビナは、クライミング用のシステムがついているカラビナなので大きいし1年生では一人ではできないかも!?とちょっと想定外が…。できる子たちはリーダーさんに任せて、お手伝いが必要なお子様に私はついていきます。

DSC_7023

 少し高い目のところで練習したら、メインのジップラインがみんなの前に待っている!

こうべのフォレストアドベンチャーは、最初にメインがあるんです!

さぁ、みんなの踏み出す勇気が試される!

 DSC_7036

 あっという間に小さくなっていきました…。

DSC_7047 DSC_7094

 みんな最初は怖いけど、どんどん慣れていって楽しみながらチャレンジをしていましたね。

そして最後にはみんなクリアーしてのハイチーズ!

DSC_7112

 時間にしてだいたい90分と表記されていたのですが、だいたい2時間ほどかかったかな。最後に私と一緒にしていた子は2時間半ぐらいかかりましたので、終わった時は満足感もありましたがお腹がみんな空いた!と言っていました。

 さて、六甲のフォレストアドベンチャーはジップラインがたくさんありましたね。ハード面もできたばかりなのでしっかりしていますし、

生きた樹にワイヤーなど器具をつけてるので不安定さのドキドキ感。すっと手が出せる環境を子ども達が自然にできているところも見れたしこれまで定期的にやってきてよかったなと思う瞬間がいっぱいでした。

 私がずっとお手伝いをしていた子も全部はクリアーできなかった。けど最初はむっちゃ泣いていた。自分でどこまでできる?をその都度確認しながらチャレンジして、終わった時の笑顔はやって良かったなぁとほんとに感じました。

 今私がお世話になっている冒険教育研究会のCゾーンのお話がすっごい今回感じたイベントでした。

私が支えるキャンプではなく、子ども達同士が自然とお互いのことを見ながら助け合える。そんな場がたくさんこれからも作れたらな。

そんな場がたくさんできれば子ども達の安心・安全な活動の場、居場所になっていけるだろうなと思ってこれからも頑張っていきたいと思います。課題は多々ありますが、一つずつクリアーしていこう。

 あと、ちなみに私は高所恐怖症です!今回の活動で子ども達から嘘だ!と言われましたが、昔子どものころに高いところから落ちたことがあり本当です!ただ、最近この活動に似た高いところに登ることが多いので仕事上慣れていくんですよね。ハーネスつけて安全器具をちゃんとして使い方を守れば安全ですし、子ども達が頑張ってるから私が不甲斐ないところを見せれないというのもありましたしね!

 あっという間の1日でしたが、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

子ども達は楽しめたでしょうか?大人はかなりハードな1日でしたが、また機会ができれば企画したいと思います。

それでは、本日はこの辺にて

こうべ アウトドアクラブ担当 ノゾエ(のん)より

9月21日 アウトドアクラブ

2020/09/22 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

9月21日アウトドアクラブにご参加いただき、ありがとうございます。

 

9月21日の活動では、川遊びとスイカ割をメインの活動として行いました。

 

今回は保護者様の方々も参加できるようにし、子ども達が普段どんな風に活動をしているのかを見れるようにしました。

保護者の方たちのお手伝いもあり、子どもたちが何をしているのか、何を感じているのかを見える機会になったのではないでしょうか。

今回は予定よりも人数が増えてしまい、スタッフの目が届いていないところがありましたが、たくさんの保護者の皆様にフォローしていただきました。ありがとうございます。

 

DSC_6641 DSC_6676 DSC_6758 DSC_6771

さてさて子ども達はどうだったかな~。

…………

9月の水は冷たかった!!。

子ども達も寒かったんじゃないかな。

おうちに帰ってすぐにお風呂に入ったかな。

風邪をひいていないか心配。

 

スイカもこの時期には、ほとんどない状況でしたが、なんとか人数分確保できてよかったです。

 

久しぶりに来てくれた子たちと会話したり、笑顔で話したりと、とても楽しい活動なりました。

アウトドアクラブにご参加いただいた方々、アウトドアクラブに参加するのを検討している方々、今後も楽しい活動をしていきますのでご参加お待ちしております。

 

神戸市立自然の家 ノゾエ

今度イベントで使う場所へ

2020/08/29 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

9月にこうべ アウトドアクラブにて開催予定の市ケ原の草刈りをしてきました。

 

摩耶山の途中で子ども達が河で遊べる場所はいくつかありますが、一般の方もよく利用していて有名な場所となりますとこちらになります。

大竜寺というお寺も近く道路が近くにありバス停も近くにあるため結構一般のお客様も利用しているようですね。

公衆トイレや自販機も近くにあるため気軽にご家族で遊べる場所の紹介もできたらなと思い今回ここを設定しています。

ただ、ゴミが結構…落ちている。ちゃんと利用したらきれいにお片付けもしてほしいものです。でないと、その場所を守っている人たちにとってはポイ捨てをする迷惑な人達に利用してほしくない=すべてを利用禁止にする。ということに繋がる今の世の中ですので…。

自然と人間がお互いに良い方法共存して守っていけたらと思います。

 

さて、今回何をしにいったかというと!

市ケ原 掃除前 (2)市ケ原 掃除前 (1)

以前下見に行ったときに、河原に結構な雑草が生えていたことと、雑草の中に茨や棘付きのバラ科が多く遊ぶには少し危ないかなと思い草刈りを計画して実地しに行きました。

 

3時間ほど草を刈ったりしている中で、保育園の子ども達や昼にかかる中で登山の方々がいたりと増えてきたのであらかたできたこともあり終了しました。

少しはましになったかな?

市ケ原 掃除後

 当日も天気がこんなに良いといいな!

と、思いつつ子ども達とどんなことが発見できるか楽しみです。

 目を凝らせば意外と魚がいたり、カニがいたり。サギがいたりと色々なことを感じてもらえれば!

たくさんしたいことがあり全部はできませんが、子ども達の中から発見やしたいことを考えてもらって楽しむのもいいですね。

 さて、そんな1日を考えて過ごした1日でした。

それでは、本日はこの辺にて。

 神戸市立自然の家 ノゾエ

7月25日 アウトドアクラブ

2020/07/26 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさん、こんにちは。

7月24日~25日開催いたしましたアウトドアクラブの写真のアップが終わりましたのでご報告と

1泊2日のキャンプも無事に終わりましたので活動記録としてブログにアップしたいと思います。

 

2日目の朝起きてみると、雲に覆われ雨は降っておりませんでしたが幻想的な風景に包まれておりました。

2日目のメイン活動は飯盒炊爨とカートンドッグ体験。

どちらも自分たちでご飯を作るという活動ですが、火を取り扱うという意味でこの2日目は重要な活動となります。

 

 DSC_4496

 カートンドッグは、キャンプの中ではよくする活動なのですが、簡単にいうと好きな具材をパンにはさみアルミホイルで包んで牛乳パックの中に入れて火をつけます。そうするとパンが牛乳パックの火にあぶられてパンが焼けるんです。この時アルミホイルに隙間があるとパンが黒焦げに。隙間がないようにアルミホイルで包むんだよ!とみんなには伝えたのですが、やはり隙間が空いていた子もいたみたいで黒焦げになっていましたね。これもいい勉強だ!

DSC_4498 DSC_4503 DSC_4508 DSC_4535

 カートンドッグ作りが終わり食べ終わったら、次は飯盒すいさんの時間です。

すぐに昼食作り!?という声が上がりましたが、そんな簡単にごはんは作れません。

実際に、9時半から作り始めて食べ始めたのが13時前でしたしね。

DSC_4712 DSC_4723 DSC_4725

 昨日刃物の扱い方を説明していたので子ども達はちゃんと危ないことが何かを考えてしていましたね。

もちろん、包丁の扱い方の説明にて、どうやったら手を切るんだろう?料理を作る時に危ないことって何だろう?というのを考えてから調理組は始めました。

 火つけ組は、連日の雨で薪に水分がたくさん含まれて大変だったと思います。が無事ごはんもたけたようで良かった。

DSC_4744

 おにぎりを焼くのに火をつけています。トーチバーナーを今回使用しました。

高学年の子にお手伝いを頼みました!どうやって使うのか、やけど使うところと危ないことをもちろん学んでから活動に取り組んでいきます。

 DSC_4853

 今回、鍋は大鍋を使いました。

大皿で提供するということは確かに今回の状況では躊躇するところがありますが、とりわけを私たち職員で行いきちんと安全対策をとってからご提供をしています。

 DSC_4894

 飴作りはやっぱり難しいですね。

目指せ○○糖!を、考えて作っていきましたが、うまくいった班、固まりができた班、固まらなかった班色々でしたね。

そういう失敗も含めていい経験になりましたね。

 あっという間の一泊2日が終わりました。

 みんなは1日経ってゆっくり休んでいるところかな?

子ども達は元気いっぱいでしたので、1日寝たら回復して今日も元気に遊んでいるところですかね?

 いいことも悪いことも含めて、活動なのでお家に帰ってたくさんお話をしてもらえればと思います。

そして、出来るようになったこと、出来なかったことを次回来た時に生かし、子ども達の成長を今後も見守っていければと思います。

 それでは、本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ

7月24日 アウトドアクラブ 1日目

2020/07/25 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさん、こんばんは。

1日目の活動写真のアップが終わりましたのでご報告と今日の活動報告です。

また、お知らせとしてですが、バスのご予約が無事できましたので、子ども達は明日下山をするのではなく、

バスに乗っております。予定では15時~バスに乗り自然の家を下りて16時過ぎにはJR灘駅に着く予定です。

少し早いですが、保護者の皆様がお迎えに来られる16時半まで今回の活動の振り返り等をしておりますので、

お迎えをよろしくお願いします。

 

朝はなんとか天気ももち、自然の家までほとんど降らずに無事付くことができました!

雨の中でもできる活動はもちろんあります!

キャンプといえば晴れの中だけではなく雨が降っている中活動を本日はしました。

 

 DSC_4271

 今回、ご参加いただいたお子様は26名の子ども達。

初めて一人で泊まる子ども達もいれば、去年から参加していて

泊まることにも慣れている子ども達と色々な子ども達が今年も集まりました。

 初めて出会う子たちもいるので灘駅前で少し自己紹介のゲームを行いました。

DSC_4303

 DSC_4295

 自然の家に着いたらまずは、ごはんの時間!おいしいお弁当の時間となりました。

DSC_4316

 お弁当を食べ終わったら、オリエンテーションといって施設の使い方説明に入ります。

お布団を自分で引いたり、片づけたりと自分でできることは自分でする。ために、まずは使い方を知らないといけないですよね。

 お部屋に入る前に、グループでお互いに名前を覚えこれからの活動に繋げていくために

レクリエーションゲームを少しします。

 DSC_4318 DSC_4325

 じゃんけんを使って自己紹介をしたり、みんなでだるまさんがころんだをしたりと少しずつみんなで遊んでいくうちに心の距離が近づいていきます。

 DSC_4335 DSC_4329

 グループの雰囲気も良くなってきたので、ゲームは終えてお部屋の準備タイムになります。

こういう状況なので、本当は1部屋に定員まで子ども達をお部屋に入れるように設定して子ども達の時間を大切にしたいのですが、いつもの半分の人数でお部屋を利用します。8人が定員なので最大4人もしくは3人で部屋を利用して、高学年の子と中学年、低学年の子がうまく均等になるようにお部屋の設定を行いました。あの子と一緒の部屋がいいとかの希望が今回出てきましたが、今回のキャンプでは初めてのことこれまで来ていてくれている子のバランスを考えて組み合わせたので残念ながら、お部屋のご一緒希望は子ども達にはお断りしましたが。もちろん今までのグループで楽しくもいいかもしれませんが、新しく来ている子ども達や、これまでと違った新しいグループを作り少しずつ子ども達の輪を広げていきたいという考えやねらいもあったので今回は子ども達のご希望を聞かずに私が考えたお部屋割りでみんなには入ってもらいました。

 お部屋の準備が終わったらクラフトにて、スプーン作りの時間になりました!

DSC_4355 DSC_4376 DSC_4434 DSC_4447

 初めて使う道具やナイフ、危ないことやケガの注意をよく聞き、子ども達はスプーン作りに取り組んでいきます。

小さい子は1年生からなので、もちろんできる子とできない子がいます。危険だからさせないではなく、体験から学ぶをテーマに活動しているので、自分ができるところは頑張り、難しいな、お手伝いが欲しいなというところはお手伝いをする。そうやって経験を積み重ねて子ども達の成長があると考えて活動に取り組んでいます。もちろん、提供を毎回していてドキドキすることはありますが、それも私たちの我慢のしどころ。困ってるな、難しそうだな、集中力が途切れてきたなというときにこそ私たちの出番です!今回、本当にみんなスプーン作りを頑張りました。できたスプーンで明日のスープ食べていい?という子たちもいましたね。さぁ、実際に明日スプーンでスープをすくえるのか!?そして、子ども達がどう感じるのか!?楽しみですね。

そういえば、一人だけその子の希望もあり変わった形になった子もいます。何回も本当にいいのかい?そうするのかい?とその子と話したことで決めたことですが、またお家に帰った時に皆さん何が大変だったのか、難しかったのか、そんな中でも3時間ちょっと今回延長して時間をかけて頑張ったところを見ていただけたらなと思います。

 本当によく頑張って小さいお子様も取り組むことができたと思います。よく頑張ったね! DSC_4474 DSC_4479

さて、スプーン作りができたらまちにまったBBQの時間です。

 コロナの関係があり注意事項の説明が長くなってしまいましたが、自分たちのことは自分たちでするということから、役割分担を自分たちで決め、焼く係、交代係、運ぶ係とわいわいとごはんの時間となったかな?

 事前にお家で警報が夜でるよ!なんてお話もあったのでしょう。少し雨が強くなってきたら、大雨警報だ!と子ども達が大騒ぎ。

実際には、警報レベルの雨ではなく山の上では雨は強くならず普段の雨の量でした。思い込みってほんと面白いなぁ。

 ただ、屋根があるところが結構古くなってきており雨漏りが…おこり、ロッジの中でご飯タイムと途中変更しましたが、

こうやって色々な経験も楽しいかなと私は思いました。たぶん、お家に帰ったら雨漏りのお話がきっと子ども達からたくさんでるんだろうなーと予想しております。

 あっという間に1日が終わり活動報告となりましたが、警報レベルの大雨も降らず現在は霧は出ていますが雨も止んでいます。

子ども達も元気に活動して、みんな疲れて寝ています。

 明日は、メインは火の取り扱いと包丁を使っての飯盒すいさん。大きなケガもなく明日も過ごしていきたいと思いますので

お迎えを皆様お待ちいただけたらと思います。

 それでは、本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ