神戸市立自然の家 スタッフブログ

「 日別アーカイブ:2019年08月14日 」 一覧

夏のわくわくキャンプ写真アップ終了いたしました!

2019/08/14 | スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

夏のわくわくキャンプにご参加ありがとうございました。

私が撮影した写真のアップが終わりましたのでご報告と2日目と3日目の活動報告です。

まずは、この炎天下の中ご参加いただきました皆様ありがとうございます。

 

ご挨拶にて、冨田から説明していただきましたが再度到着が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

到着が遅れた理由としては、先頭を私が歩いて先導をしており3班ぐらいまでは予定のコースを降りても間に合うペースでしたが、それ以降の各班のペースが予定時間のポイントよりもかなり遅かったので(最後尾は18時着と判断したこともあり)、予定ポイントを変更と布引ロープウェイを利用する(ことで、疲れの軽減を図る)判断をしました。子ども達は、本当に暑い中下山もよく頑張ってくれました。下山中も今回のコースはアスレチックみたいなコースも何か所かあり、『山登り・下り楽しい』やグループで歌を歌ったりと一緒に歩いているこちらも頑張らなくては!といつも思います。

 

それでは2日目からの活動報告です。

DSC_9598 DSC_9617 DSC_9625 DSC_9660 DSC_9693 DSC_9700

朝ごはんを食べたらクラフト作り 壁掛けを今回は作りました。

得意な子・苦手な子色々なお子様がいますが、早く終わった子が苦手な子のお手伝いをしてくれていたりお片付けをしてくれたりとみんな頑張って作っていましたね。

おうちに帰ってから自慢な一品を見せれたかな?壊れていないことを祈っています…。

DSC_9734 DSC_9789 DSC_9853 DSC_9766 DSC_9826 DSC_9871 DSC_9942DSC_9955

クラフトが終わったら、夕食作りの飯盒炊爨の時間です。

14時から始まりみんなで頑張って作り始めました!

今回は、タコスとコンソメスープ デザートにプリン作りを始めました。

子ども達本当によく頑張って作ったね!私自身も今回のすいさんは初めてのことばかりでした。

だいたい食べる時間も洗い物も含めて4時間もあれば飯盒炊爨は終わるんですが、今回はなんと6時間もすいさん時間を与えていたのですが

それだけでは終わらず…。子ども達はよく頑張ったと思います!本当によく頑張っていたなぁ…。

私自身が作るプログラムと違ってリーダーが作るプログラムでしたので色々と話をしてはいたのですが伝わっていないところもたくさんあり子ども達には申し訳ないとここはものすごく反省するところです。

そんなこんなで、2日目があっという間に終わってしまいました。

 

さて、最終日は…。

DSC_0003 DSC_0056 DSC_0067 DSC_0085 DSC_0146 DSC_0141

朝にみんなに『おはよー!』といったら…。返事がない!

睡眠時間は十分確保できているので、疲れで頭がボーとしているのかな。

朝ごはんをちゃんと食べて最後のプログラムを頑張ろう!ということで、3日目が始まりました。

 

3日目はポイントラリー。各ポイントで言葉かけや協力しないとクリアーできない活動が待っています。

今回のゲームは、私たち指導員が行うゲーム名でいうと『パイプライン・フライングチキン』とジュニアリーダーが考えたオリジナルが一つと、私が考えたらしい(過去にどこかの講習で行ったゲームみたいです。)ゲームが一つの計4つのポイントでみんなの力が試されていました!

3日目ということや、各GLさんが名前をお互いに覚える・呼び合えることを頑張って子ども達と一緒にしていたので、ゲームでは自分の意見とほかの人の意見をお互いに聞ける関係作りを目指してリーダーさんは子ども達にプログラムを提供していました。

難しいゲームや、風でせっかく積んだのが崩れてしまったり、びしょぬれになるといいながら頑張っていたりと子ども達は色々な表情を見せてくれました。こうやってみんなで頑張る活動はとても大切だと私も思います。

DSC_0206

 本当にあっという間に2泊3日が過ぎ去っていきました。

もっとこうすればよかったやこういう声掛けが必要だったななど色々な改善すべきことはたくさんありますが、子ども達と一緒に活動して毎回思いますが、笑い、感動し、喧嘩し、それでもまた一緒に活動しあい、思い出としてだけではなく子ども達の自主性・協調性・感受性など子ども達の成長の糧に私が参加するキャンプがなればと考えて行っております。

 今回もたくさんのことを子ども達から教わりました。キャンプができるのも参加していただけるお子様の保護者様のご協力があってのことだと大変感謝しております。特に今回は88名の参加者がおり、帰りでは荷物出しのお手伝いまでしていただきありがとうございます。

 最終日毎回下に降りた時には全力を出し切った後ですので、お話がうまくできておらず伝えきれていないこともあるかとは思いますが、こちらにて日ごろからの感謝として記載させていただきたいと思います。

 本当にご参加いただき、また送り出していただきありがとうございました。

今後とも神戸市立自然の家の主催事業やキャンプ活動をどうぞよろしくお願いします。

神戸市立自然の家 野添 利也