神戸市立自然の家 スタッフブログ

6月21日 アウトドアクラブ開催♪

アウトドアクラブ, スタッフブログ 公開日:  投稿者:ノゾエ トシヤ

皆様こんにちは!

緊急事態宣言から、やっと臨時ではなく予定していた日程でのアウトドアクラブの活動ができましたので

ご報告いたします。

 

もともとは、体験会などがあってのこの日程でしたのでアウトドアクッキングをしよう!と考えていたのですが

残念ながら、お互いを知っていない状態でのクッキングはまだ難しいかなと感じたので、楽しみにしていただいていた皆様には申し訳ないのですが今回はクッキングを断念し、施設を知る、メンバーを知るを目的とした活動に変更しました。

さて、どんな活動をしたのかというと…

 

DSC_5412 DSC_4003

 6月は梅雨の時期なのですが、今回はとてもいい天気で活動日和!

今回の参加者は33名のお子様がご参加いただけました。

初めて会う子ども達、これまで継続してきてくれている子ども達、体験のお子様も何名かいました。

なので、いきなり登山は大変かな?と思ったので、少しレクリエーションを。

じゃんけんゲームをしながら自己紹介をしてもらうゲームをいくつか…。

少し失敗もありましたが…。(じゃんけんゲームにて、お互いの数字を足して相手より早く言うゲームにて、よく考えたら小学1年生コロナの影響で授業でまだ足し算習っていないやん!?と、始まってから気づきました…。考えるという意味でいい機会かなとも思いましたので止めずにそのまま活動させていただきましたが。)

私自身もコロナウイルス感染症で長い間子ども達と関わっていなかった期間やお話をする機会がほとんどなかったため、もともとおしゃべりが好きなタイプではないため、説明や言葉の言い回しがとても下手になっているなと感じるいい機会となりました。やっぱりもっと現場に出て活動していかないといけない!

 DSC_4013 DSC_4021 DSC_4064

 今回の登山は、摩耶ケーブルロープウェイを使ったので上に着くのはあっという間!と思いきや、やはりコロナウイルス感染症のため定員の半分に人数制限をしているためかなり時間がかかることに。

なので先頭の子たちは掬星台についてからかなり待つことに。

何しようかなー?と、考えていると。

DSC_4074

集まっている場所に落ちていて、子ども達から『この葉っぱ何?』と質問がありました。

松の葉っぱを使って懐かしい引っ張り合いっこをしてみよっかと子ども達に提案。

というか、今の子ども達はこういう遊びをしていないんですね。誰も知らなかったみたいで、私が子どものころはよくした記憶があったので、子どものころによくした遊びで、乾燥した落ち葉を使ってやるんだよ!とお話をしながらみんなでしていました。

楽しく遊んでいる中で、生きている樹から直接とろうとする子も出てきたので、少しお話を入れました。枯れている落ち葉を使ったゲームをしていること、生きている葉をとる必要があるのかどうか?を考えるいい機会にもなりました。

DSC_4081

 やっとみんなが集合したので出発!

DSC_4148

 おいしいごはんも食べて少しフリーで遊ぶ時間を入れました。

DSC_4156

 滑り台で遊んだり、思い思いの遊びを子ども達がしていました。

さて、ある程度遊んだ後は…!

DSC_4198 DSC_4196 DSC_4185 DSC_4215

 施設を知ろう!ということから、普段でしたらグループに1枚の地図なんですが、コロナの関係もあるので一人1枚地図を渡してグループで施設を探索が始まりました!

 これまで活動した場所、知らない場所、短い間でしたが色々なところを子ども達は見て回りました。

もっとたくさん時間があれば!と思ったんですが、やっぱりデイはあっという間ですね。

もう帰る時間に…。

 DSC_4260

 帰りは登山のお客様も大変多く、定員の半分で運行していることもあり時間が…いつもの待ち時間の倍かかってしまいました…。

保護者の皆様には、遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。

 これから始まっていく活動。 こうべ アウトドアクラブでは、

子ども達が楽しみながら学んでいける場『体験から学ぶ』をテーマとして、一人だけでなくみんなで。

子ども達の居場所となり、安心して子ども達が活動できるような場づくりを子ども達と一緒に作っていけたらと考えています。

 それでは本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ