神戸市立自然の家 スタッフブログ

10月31日 アウトドアクラブの活動 改定

アウトドアクラブ, スタッフブログ 公開日: 最終更新日:2020/11/08 投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

10月31日に開催したアウトドアクラブの活動を記載していきます!

 

前日、夜の気温が自然の家では9度ととても寒かったので、

当日大丈夫かな?と思いつつも蓋を開けてみれば結構暖かい!

集合場所で待っているとき上の服を着ていると暑くて…。脱いでしまいました。

 

DSC_7977

 天気もとてもよく気持ちいい気候。

シーズンとしても最後のカヌーをする季節かなと思いつつ、子ども達の集合を待っていました。

DSC_7983

 今回参加は22名のお子様です。

久しぶりに参加のお子様や初めての参加のお子様もおり、どんな子かな?前回の活動を覚えてるかな?と、1年生の子もいるのでゆっくりと歩きながら自然の家を目指しました。

 ちょうどこの日はハロウィンの日でした。

DSC_7994 DSC_8030

 摩耶ビューラインもハロウィン仕様にっ!!

ケーブルに乗っているとき「なんでハロウィンなのにフクロウがいるの?」と聞かれましたが、答えられません!逆に私も聞きたかった!!

 私が子どものころはハロウィンなんてなかったので、私自身もよくわかっていません。ハロウィンって何なんでしょう?

 話が脱線しましたが、摩耶ケーブルロープウェイを利用して掬星台へ向かいました。

掬星台に着いたときに子ども達から、『お腹すいたー』の声がみんなからたくさん出てきました。

『ごはんは掬星台で食べる?』と聞いたところ、みんなが「食べるー!!」と同意したので予定を変更して掬星台で食べることにしました。

 私がアウトドアクラブをしているとき、こうやって子ども達から意見や考えがあれば全体を通じて確認し、プログラムを変更することがたくさんあります。もちろん、全員が納得しなければ意味がないので、したいこと・やりたいことを聞いて伝えることもあります。自分で何でそれをしたいのかなど、周りの子たちに説得することを自分たちで考えて話し合ってもらいます。周りの子を説得するということ、相手にどうやって伝えれば納得できるのかなど、自分たちで考えることを放棄して指示を常に待つ子ども達が増えるのではないかなと思います。学校教育も転換期に入ってきており、最近自分自身の考えを伝える場が増えてきていますよね。

自分一人で活動しているわけではなく、自分以外に周りに人がいる。伝え方や話し方によっても受け取り方は人それぞれ違う。常に私が指示を出すのではなく、できる限り子ども達同士が話し合う場、みんなで作っていく場として『こうべ アウトドアクラブ』は実施していきたいと考えています。

 DSC_8088

 今回のメイン活動はカヌー体験とたたき染活動。

カヌーは去年も参加した子が多かったので初めての子も含めてもう一度説明をします。

 DSC_8172

 この天気!カヌー日和ですね!

DSC_8187

 カヌー体験が終われば、たたき染め用の草木を自分たちで取りにいきます。

植物にはたたき染めに向くものと向かないものがあり、子ども達は考えながら植物を取っています。

 取ってから『この葉っぱは向く?』とよく聞かれますが、たたき染に向く葉っぱは最初に説明しているので、自分たちで考えてもらいます。

『自分が向くと思うなら取って持っていこう。』実際に向かないときは叩いても色素が出ないので、答えは教えずに自分で考えて体験から気づく。些細なことかもしれませんが、そういうところを大切にしています。

 PA310060DSC_8240DSC_8217DSC_8246

 たたき染めの活動は、植物を叩いて色素を出して定着します。

素直に形が出るもの、出ないもの。色々と違いがありますが、子ども達の特徴が出て面白いんですよね。

ただ、音がうるさいので、お外での活動をするにはいいんですが、今回はテントロッジの中で活動しました。

 納得できる、出来ない、色々ですが時間はあっという間に過ぎていきます。

もう15時に…。

 帰る時間になったのでお片付けをして、出発へ。

本当に日帰りでの活動はあっという間で時間が足りません!

もっとしたいことが沢山あります。そこで!次回11月22日日帰りでの予定でしたが、11月22日~23日の1泊2日に変更しております。また、12月13日の日帰りを12月12日~13日の1泊2日で予定したいと思います。

皆さんのご参加お待ちしております。

※ご参加いただいています保護者の方から、フクロウ、こうもりなどなぜ?と書いていることを調べてくれました!

昔は、ハロウィンの時期にたき火を焚くことも習慣としてあったそうです。

焚火には自然と虫が寄り、その虫を食べるためにフクロウやこうもりも集まってきたということです。

またフクロウの鳴き声には、たまに甲高い声などがあり魔女を創造するとのことで、ハロウィンにはフクロウも関係があるとのこと。

なるほど!ですね。日本でいうお盆の変わりと思っていましたが、そういうお話もあるんですね。

調べていただいてありがとうございました!

12月なのでクリスマスパーティーを自分たちで作り上げようとして、今プログラム案を考え中です。

皆様お楽しみに!

 それでは本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ