神戸市立自然の家 スタッフブログ

夏のわくわくキャンプの終了報告と写真アップについて

2020/08/16 | スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

先週にアップは終了しています。ブログに挙げるのが遅くなり申し訳ありません。

夏のわくわくキャンプも終わり1週間がたちます。

神戸の子ども達も夏休みは残すところあと少しですね。

 

2泊3日のキャンプが終わりまずはホッとしています。

1週ずれていたら…この炎天下の中での活動となったためです。今週は外で活動をしていることが多いのですが、かなり水分補給をしないと私自身も慣れているとはいえ疲れがなかなか取れないくらいなので…。

 

さて、活動報告です。

最終日は、ポイントラリー形式の謎解きゲームを実地しました。

普段リーダーさんが企画する内容は、レクリエーションゲームも含めたポイントラリーが多いのですが、今回は謎解きに。

最近テレビでも謎解きやクイズ関係の番組が多いので、子ども達も得意かなと思い普段と違う活動ということで取り入れました。

 

IMGP9735 IMGP9749 DSC_5580 DSC_5629

うん、謎解きは私はわからない!と、感じました…。問題見ても考えるための頭が回らない…。

子ども達にこれわかるの?と聞いたら、簡単!と言われしまう…。時代によって流行るものが変わりますが、こうやって頭を使うクイズや謎解きは頭の回転が速くなるのでいいことですね。

時間としては、2時間があっという間でした。

帰りは、下山!

 

IMGP9782 IMGP9788

下山といいつつ、自然の家は摩耶山の真ん中あたりにあるため六甲ケーブルを経由して帰るためには少し山登りをしないといけないんですよね。下山といいつつ山登りもあるよ!と伝えておきました。でないと、色々なところから不満がよく出るので…。

 

登山中は、マスクをすると熱中症のリスクが倍増するので、外して登山をしています。密集するときや、止まっているときは基本してね。と伝えながら登山を取り組んでいます。

IMGP9850 IMGP9861

最終日は、雲と青空の配分がちょうどよくとてもきれいな風景写真を撮れていますね(私が撮った写真ではないんです…。)

 

さて、あっという間の3日間でした。

あっという間過ぎて、何をしていたのかあまり思い出せないくらい!

これからも子ども達に野外体験を通じて学びの場を提供できればと思います。

コロナ感染症の心配もそうですが、子ども達の体験の場を守っていくためにも大人が何ができるのかを考えていかないといけないと思います。体験にはリスクがつきもので、リスクはもちろん軽減できるようプログラムを考えて私たちも提供していかないといけないです。ただ、恐れすぎると何もできなくなってしまうということも考えていかないといけない。

初めてチャレンジするときのドキドキ、出来なかったことができるようになった時のわくわく、失敗した時のズーンなど、色々な経験と気持ちをキャンプでは感じることができる場がキャンプであり、これからも提供していきたいことですね。

 

長くなりましたが、夏のわくわくキャンプにご参加いただきありがとうございました。

それでは、本日はこの辺で

 

神戸市立自然の家 ノゾエ

夏のわくわくキャンプ2日目

2020/08/10 | スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

夏のわくわくキャンプ2日目のご報告と写真のアップが終わりましたのでお知らせいたします。

 

夏のわくわくキャンプ2日目!も終わりました…。あっという間の2日間でした。

まさかここまで1日が早いとは…。

 

さて、本日の活動記録も含めて振り返りたいと思います。

 

IMGP9449

 朝は体温チェックから始まります。

やっと念願の非接触型体温計が3台も手に入り、温度を測るのがとてもスムーズになりました。

今回この器具は神戸市からご提供していただいたものなので感謝感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 さて、朝ごはんを食べたらお昼ご飯を作りに炊爨場に行きます。

IMGP9492IMGP9495

 今回のメニューは、ビビンバ丼とみかんゼリー作りです。ゼリーは、寒天やゼラチンは使わずにアガーという変わった食材を使用しました。アガーは冷やさなくても常温で固まる特殊な性質の調味料なんです。

 IMGP9506 IMGP9500 DSC_5272 DSC_5301 DSC_5312 DSC_5325

 初めて包丁を持つ子、ゼリーを作るのが初めてな子など親元を離れての初チャレンジがたくさんありましたね。

みんなで作ったごはんはどうでしたか?常にマスクをしている中での活動だったので、暑かったかもしれませんがみんな頑張って作ったよね。

 DSC_5313 DSC_5414

 樹が朝露で湿気ていてなかなかつかなかったり、火が付くことで鍋や道具が熱くなったりと普段経験できないことをキャンプの中で経験し、初めての子も、これまで何回も来てくれている子も少しずつうまくなっていきます。最初からできることは誰でも少ないです。

だからこそ、子ども達に色々なことを経験する場としてキャンプはチャレンジをたくさんする場となります。チャレンジをたくさんすることで子ども達はできなかったことが少しずつできるようになっていきます。もちろん、そこにいる私たちも子ども達が成長できるように考えてサポートしていっています。

 もちろんそこには成功ばかりではありません。失敗も含めて経験なので、失敗した時は何が原因だったんだろう?と子ども達と考えます。それも成長の一つだと思います。

 お昼ご飯を食べたら、お片付けをしてフリータイムの時間になりました。

フリータイムは班ごとにそれぞれ自由遊びとして、色々なところに遊びに行きましたね。

DSC_5463DSC_5485

 フリータイムが終わったら、お土産作りのクラフトタイム♪

クラフトでは、今回は写真立てを作ります。

 写真立ては、自然のものを使った写真立てとして葉っぱや木の枝、松ぼっくりなどを使って自由に貼っていきます。

もちろん、写真立てなので夏のわくわくキャンプの活動中にとった写真をプレゼント!撮影は、フォトアートヒロム株式会社のカメラマンさんからデーターを提供していただきました。ありがとうございます!私では取れないいいグループ写真が撮れていると思います。

 一人1枚ですが、その写真を使った写真立てを作っています。

 色々考えて子ども達に提供していますが、子ども達の視点は本当に面白い。

自分たちが考えた案よりも自由に発想をし、色々なアイデアを詰め込んで作っていきました。

時間がたくさんあるわけではないですが、子ども達は時間の限り色々なことを考えて作品ができましたね。

 DSC_5502

 カラフルな写真立ての完成です!また、お家に帰った時にどういう工夫をしたのか、どこを頑張ったのかを聞いていただければと思います。

 今日もあっという間の1日でした。1日が過ぎ去るのがとても早い!

残り1日、グループとして子ども達と向き合いながら活動をしていきたいと思います。

 神戸市立自然の家 ノゾエ

夏のわくわくキャンプ1日目

2020/08/09 | スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

夏のわくわくキャンプを担当しておりますノゾエです。

 

今週に入って気温も高く暑い日が続いていますが、そんな中夏のわくわくキャンプを開催しています。

写真アップについては、職員が撮影した写真についてはアップロードが終わっていますのでご報告と今日一日の活動報告を致します。

 

例年なら夏のわくわくキャンプでは、登山の途中で水遊び場で遊んでから自然の家を目指すといった夏ならではの活動をしていましたが今年は、色々なこともあり取りやめました!また、コロナウィルス感染症の拡大もしている中ですので極力子ども達が楽しみながら対策ができたらと考えながらご提供しています。

さて、夏のわくわくキャンプ1日目が始まりました。

DSC_4927

 

夏のわくわくキャンプの参加人数は、これまでは90人~100人の参加者の皆さんがいましたが、コロナウイルスの関係で今回は40人までとしました。感染拡大のため、不安なこともありキャンセルが何人か出ましたが、それでも37人のお子様が今回ご参加いただいています。キャンプを提供しているスタッフとして、ご参加を考えていただけました保護者の皆様本当にありがとうございます。

保護者の皆様も不安の中、色々な判断に迷われたかと思いますが、こうやってお子様を迎えてキャンプができることを本当にうれしく思います。

夏休みも短くなっている中なので、この2泊3日が子ども達にとって夏の思い出としてもそうですが、成長につながるように一緒に活動していきたいと思います。

 

DSC_4970 DSC_4982

山登りといっても、今回は初心者向けのコースです。

曇りで山の中も涼しかったので、今回は子ども達と全コースを歩こうということで進みだしました。

全コース歩こうかといった時の子ども達のブーイングはさすがと思いましたが、この状況化の中でみんなの体力が落ちているからこそみんなで歩いて体力をつけることも大切です。一人だとあきらめてしまうけれど、みんなで歩くことで乗り切れることもたくさんあります。

だからこそこ子ども達と歩き出しました。摩耶ケーブルロープウェイがとなりなので緊急避難も今回のコースはしやすいので。

子ども達の状況を見ながら、何とか登山を全員ではないですが上がる事ができました!(もともと体に痛いところやしんどそうな状況の子たちは無理はせずに、ロープウェイを利用して上がっている子も何人かはいますが、みんなそれぞれかんばってくれました)

DSC_4999 DSC_5027

 

自然の家についたら、お弁当タイムです!

DSC_5067 DSC_5110 DSC_5100 DSC_5120

お弁当タイムの後は、お互いの自己紹介などをしながらレクリエーションゲームを楽しみました。

あっという間に90分が過ぎ去り、次は施設の説明を聞きお部屋へと入っていきます。

IMGP9420 IMGP9422 IMGP9429

夏のわくわくキャンプでは、自分たちでできることは自分たちでします。

なので、カバーを自分たちでつけてまたお片付けも自分たちでします。

 

IMGP9435 DSC_5126

同じようにごはんも自分たちで準備をします。

普段の状況の時なら、みんなの分を準備していくんですが今回は自分の分は自分で用意するを基本としてごはんの準備をしていきます。

 

 DSC_5159

 いただきます!の風景!

自然の家では、現在コロナ対策として6人テーブルを3人までにして、席を間引いて対面にならないように配置しています。少し寂しいですが、これも時代と思いながら活動をしています。

 さぁ、ご飯を食べてエネルギーを蓄えたら1日目最後のキャンプファイヤーの時間です。

IMGP9442

 キャンプファイヤーも間隔が狭くならないようにするにはどうすればいいのだろう?と本当に悩みます。

もちろん、しないという選択肢もありました。しかし、活動の自粛や活動の設定の縮小などが世間の間では当たり前になってきている中ですが、だからこそ子ども達にとっていい活動になるにはを必死に考えています。大声で叫ばなくていいようにするには?や動き回ったり、しなくてもできるゲームってなんだろう?制限はありますが、だからこそ子ども達が楽しめるようにするにはどうすればいいか!を、考えて提供をしています。お家に帰ったらまた子ども達から初めてのキャンプファイヤーはどうだったかな?などお話を聞いてみてください。

 さて、あっという間の1日でしたが本日は大きなケガもなく無事1日を終え子ども達はおやすみなさいのお時間です。

クーラーをつけなくても涼しいので、喚起をしっかりしてみんなすやすやと今のところ寝ています。

さて、明日もどんな活動になるか楽しみですね。

 それでは、本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ

 

♪森のようちえん7月♪

2020/07/29 | スタッフブログ, 森のようちえん  投稿者:神戸市立自然の家

こんにちは!自然の家の吉賀(よっちゃん)です♪

7月16日(木)に開催しました森のようちえんの様子をお伝えします。

更新が遅くなってしまい申し訳ありません。

この日は森のようちえん初の平日開催!ソーシャルディスタンスの確保のため、今回は少人数で活動しました。

今回も、元気いっぱいな子どもたちが遊びに来てくれました!

今日はどんなことをしてあそぼうかな?みんなでお話ししました。

ちょうどこの時期は、自然の家のアジサイが咲き始める頃なのでアジサイの葉っぱを使って何か作ってみない?と子ども達に提案すると

「やってみる~!」と元気な答えが!

1森をお散歩しながら、アジサイの葉っぱ集めをすることにしました。

バケツを持って、しゅっぱ~つ!!!

 

 

3森に入ると、1人の男の子が「さっきアジサイ見つけたよ!」と教えてくれました。

みんなでそこに行ってみよう!ということで向かってみると。。。

 

 

 

4本当にアジサイがたくさん咲いていました!

「工作するから、ちょっとはっぱもらうね。」とじさいから葉っぱを分けてもらいました。

十分な量を集めることが出来た頃、「あっ!」と子ども達が何かを発見!

6

シデムシがいたのですが、草陰に隠れてしまいました。

「この辺に隠れたかな?」

「こっちじゃない?」

みんなでキョロキョロ。

結局上手に隠れてしまったので見つけられず。。。

「もしかしたら他の所にも何か生き物いるかな?」という事で、おさんぽしながら散策をしました。

「きのこ見つけたよ!」

8

「もっとあっちいってみよう!」

9

「この枝、なんかいい匂い!」

11(※クロモジの枝を匂ってみました。)

 

「これもアジサイ?」

 

12みんな見つけたものを自慢気に見てくれました。

35誇らしげで素敵な表情ですね♪

 

おさんぽの後は、集めた葉っぱをお鍋に入れて火にかけました。

 

15葉っぱはどうなるのかな?

少し時間がかかるので、煮込んでいる間にお昼ご飯を食べました。

17

お外で食べるおにぎりは美味しいね!

 

食べ終わってお鍋を見てみると、葉っぱから黄色いお汁が出ていました。

そのお汁を使って、ハンカチを染めてみることに!

模様をつけるためにハンカチを絞る子どもたちの表情は、とっても真剣。37

36上手に模様が出来るかな?

絞ったハンカチをお鍋に入れて、葉っぱと一緒にグツグツ煮込みました。

煮込んでいる間は、再び森へ遊びに行きました。

 

29午前中は行けなかった所へ向かってみると。。。

でっっっかいシーソーが!

31全員で乗ってあそびました(*^^*)

子どもたちの楽しそうな笑い声が響いていました。

 

シーソーで遊んだあとは、ハンカチの様子を見に戻ることに。

いい感じにハンカチに色が入っていたので、絞っていたところを解くと、、、。

32キレイな模様が入っていました!

やったね!!!

 

楽しい時間は本当にあっという間に過ぎていき、気付けばもうまたねの会の時間になりました。

今日1番楽しかった事を、みんなそれぞれ教えてくれました(*^-^*)

お家に帰ってからも、お家の人にたくさんお話し出来たかな?

最後に「さようなら、ありがとうございました!」と挨拶をして7月の森のようちえんは終了!また遊ぼうね♪

 

今回私は、森の中で元気に走り回る子ども達の姿とその笑顔がとても印象に残りました。

お外で思いっきり笑って遊びたいけど、なかなか遊べない日々。

自粛生活が続く中、子どもたちは私たち大人が思っている以上にストレスを抱えているのかもしれないと感じました。

まだまだ気は抜けませんが安全を考慮しながら、子どもたちが安心して遊べる場をこれからも作っていきたいと思います!

 

神戸市立自然の家 吉賀(よっちゃん)

 

 

 

7月25日 アウトドアクラブ

2020/07/26 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさん、こんにちは。

7月24日~25日開催いたしましたアウトドアクラブの写真のアップが終わりましたのでご報告と

1泊2日のキャンプも無事に終わりましたので活動記録としてブログにアップしたいと思います。

 

2日目の朝起きてみると、雲に覆われ雨は降っておりませんでしたが幻想的な風景に包まれておりました。

2日目のメイン活動は飯盒炊爨とカートンドッグ体験。

どちらも自分たちでご飯を作るという活動ですが、火を取り扱うという意味でこの2日目は重要な活動となります。

 

 DSC_4496

 カートンドッグは、キャンプの中ではよくする活動なのですが、簡単にいうと好きな具材をパンにはさみアルミホイルで包んで牛乳パックの中に入れて火をつけます。そうするとパンが牛乳パックの火にあぶられてパンが焼けるんです。この時アルミホイルに隙間があるとパンが黒焦げに。隙間がないようにアルミホイルで包むんだよ!とみんなには伝えたのですが、やはり隙間が空いていた子もいたみたいで黒焦げになっていましたね。これもいい勉強だ!

DSC_4498 DSC_4503 DSC_4508 DSC_4535

 カートンドッグ作りが終わり食べ終わったら、次は飯盒すいさんの時間です。

すぐに昼食作り!?という声が上がりましたが、そんな簡単にごはんは作れません。

実際に、9時半から作り始めて食べ始めたのが13時前でしたしね。

DSC_4712 DSC_4723 DSC_4725

 昨日刃物の扱い方を説明していたので子ども達はちゃんと危ないことが何かを考えてしていましたね。

もちろん、包丁の扱い方の説明にて、どうやったら手を切るんだろう?料理を作る時に危ないことって何だろう?というのを考えてから調理組は始めました。

 火つけ組は、連日の雨で薪に水分がたくさん含まれて大変だったと思います。が無事ごはんもたけたようで良かった。

DSC_4744

 おにぎりを焼くのに火をつけています。トーチバーナーを今回使用しました。

高学年の子にお手伝いを頼みました!どうやって使うのか、やけど使うところと危ないことをもちろん学んでから活動に取り組んでいきます。

 DSC_4853

 今回、鍋は大鍋を使いました。

大皿で提供するということは確かに今回の状況では躊躇するところがありますが、とりわけを私たち職員で行いきちんと安全対策をとってからご提供をしています。

 DSC_4894

 飴作りはやっぱり難しいですね。

目指せ○○糖!を、考えて作っていきましたが、うまくいった班、固まりができた班、固まらなかった班色々でしたね。

そういう失敗も含めていい経験になりましたね。

 あっという間の一泊2日が終わりました。

 みんなは1日経ってゆっくり休んでいるところかな?

子ども達は元気いっぱいでしたので、1日寝たら回復して今日も元気に遊んでいるところですかね?

 いいことも悪いことも含めて、活動なのでお家に帰ってたくさんお話をしてもらえればと思います。

そして、出来るようになったこと、出来なかったことを次回来た時に生かし、子ども達の成長を今後も見守っていければと思います。

 それでは、本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ

7月24日 アウトドアクラブ 1日目

2020/07/25 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさん、こんばんは。

1日目の活動写真のアップが終わりましたのでご報告と今日の活動報告です。

また、お知らせとしてですが、バスのご予約が無事できましたので、子ども達は明日下山をするのではなく、

バスに乗っております。予定では15時~バスに乗り自然の家を下りて16時過ぎにはJR灘駅に着く予定です。

少し早いですが、保護者の皆様がお迎えに来られる16時半まで今回の活動の振り返り等をしておりますので、

お迎えをよろしくお願いします。

 

朝はなんとか天気ももち、自然の家までほとんど降らずに無事付くことができました!

雨の中でもできる活動はもちろんあります!

キャンプといえば晴れの中だけではなく雨が降っている中活動を本日はしました。

 

 DSC_4271

 今回、ご参加いただいたお子様は26名の子ども達。

初めて一人で泊まる子ども達もいれば、去年から参加していて

泊まることにも慣れている子ども達と色々な子ども達が今年も集まりました。

 初めて出会う子たちもいるので灘駅前で少し自己紹介のゲームを行いました。

DSC_4303

 DSC_4295

 自然の家に着いたらまずは、ごはんの時間!おいしいお弁当の時間となりました。

DSC_4316

 お弁当を食べ終わったら、オリエンテーションといって施設の使い方説明に入ります。

お布団を自分で引いたり、片づけたりと自分でできることは自分でする。ために、まずは使い方を知らないといけないですよね。

 お部屋に入る前に、グループでお互いに名前を覚えこれからの活動に繋げていくために

レクリエーションゲームを少しします。

 DSC_4318 DSC_4325

 じゃんけんを使って自己紹介をしたり、みんなでだるまさんがころんだをしたりと少しずつみんなで遊んでいくうちに心の距離が近づいていきます。

 DSC_4335 DSC_4329

 グループの雰囲気も良くなってきたので、ゲームは終えてお部屋の準備タイムになります。

こういう状況なので、本当は1部屋に定員まで子ども達をお部屋に入れるように設定して子ども達の時間を大切にしたいのですが、いつもの半分の人数でお部屋を利用します。8人が定員なので最大4人もしくは3人で部屋を利用して、高学年の子と中学年、低学年の子がうまく均等になるようにお部屋の設定を行いました。あの子と一緒の部屋がいいとかの希望が今回出てきましたが、今回のキャンプでは初めてのことこれまで来ていてくれている子のバランスを考えて組み合わせたので残念ながら、お部屋のご一緒希望は子ども達にはお断りしましたが。もちろん今までのグループで楽しくもいいかもしれませんが、新しく来ている子ども達や、これまでと違った新しいグループを作り少しずつ子ども達の輪を広げていきたいという考えやねらいもあったので今回は子ども達のご希望を聞かずに私が考えたお部屋割りでみんなには入ってもらいました。

 お部屋の準備が終わったらクラフトにて、スプーン作りの時間になりました!

DSC_4355 DSC_4376 DSC_4434 DSC_4447

 初めて使う道具やナイフ、危ないことやケガの注意をよく聞き、子ども達はスプーン作りに取り組んでいきます。

小さい子は1年生からなので、もちろんできる子とできない子がいます。危険だからさせないではなく、体験から学ぶをテーマに活動しているので、自分ができるところは頑張り、難しいな、お手伝いが欲しいなというところはお手伝いをする。そうやって経験を積み重ねて子ども達の成長があると考えて活動に取り組んでいます。もちろん、提供を毎回していてドキドキすることはありますが、それも私たちの我慢のしどころ。困ってるな、難しそうだな、集中力が途切れてきたなというときにこそ私たちの出番です!今回、本当にみんなスプーン作りを頑張りました。できたスプーンで明日のスープ食べていい?という子たちもいましたね。さぁ、実際に明日スプーンでスープをすくえるのか!?そして、子ども達がどう感じるのか!?楽しみですね。

そういえば、一人だけその子の希望もあり変わった形になった子もいます。何回も本当にいいのかい?そうするのかい?とその子と話したことで決めたことですが、またお家に帰った時に皆さん何が大変だったのか、難しかったのか、そんな中でも3時間ちょっと今回延長して時間をかけて頑張ったところを見ていただけたらなと思います。

 本当によく頑張って小さいお子様も取り組むことができたと思います。よく頑張ったね! DSC_4474 DSC_4479

さて、スプーン作りができたらまちにまったBBQの時間です。

 コロナの関係があり注意事項の説明が長くなってしまいましたが、自分たちのことは自分たちでするということから、役割分担を自分たちで決め、焼く係、交代係、運ぶ係とわいわいとごはんの時間となったかな?

 事前にお家で警報が夜でるよ!なんてお話もあったのでしょう。少し雨が強くなってきたら、大雨警報だ!と子ども達が大騒ぎ。

実際には、警報レベルの雨ではなく山の上では雨は強くならず普段の雨の量でした。思い込みってほんと面白いなぁ。

 ただ、屋根があるところが結構古くなってきており雨漏りが…おこり、ロッジの中でご飯タイムと途中変更しましたが、

こうやって色々な経験も楽しいかなと私は思いました。たぶん、お家に帰ったら雨漏りのお話がきっと子ども達からたくさんでるんだろうなーと予想しております。

 あっという間に1日が終わり活動報告となりましたが、警報レベルの大雨も降らず現在は霧は出ていますが雨も止んでいます。

子ども達も元気に活動して、みんな疲れて寝ています。

 明日は、メインは火の取り扱いと包丁を使っての飯盒すいさん。大きなケガもなく明日も過ごしていきたいと思いますので

お迎えを皆様お待ちいただけたらと思います。

 それでは、本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ

6月21日 アウトドアクラブ開催♪

2020/06/24 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

皆様こんにちは!

緊急事態宣言から、やっと予定していた日程でのアウトドアクラブの活動ができました。

 

もともとは、体験会などがあってアウトドアクッキングをしよう!と考えていました。

ですが、残念ながらお互いを知らない段階でのクッキングはまだ難しいかなと思いました。

楽しみにしていただいていた皆様には申し訳ありませんが、今回はクッキングを断念し、施設を知る、メンバーを知るを目的とした活動に変更しました。

さて、どんな活動をしたかは下記に記載!

 

DSC_5412 DSC_4003

今回はとてもいい天気で活動日和!

今回の参加者は33名のお子様がご参加。

初めて会う子ども達、これまで継続してきてくれている子ども達、体験のお子様も何名かいました。

いきなり登山は大変かな?と思ったので、少しレクリエーションをしました。

じゃんけんゲームをし、自己紹介をしてもらうゲームをいくつかしながら遊びました。

 

コロナ禍で長い間、子ども達と関わっていなかった期間や、お話をする機会がほとんどなかった為、「説明や言葉の言い回しがとても下手になっているな」と感じるいい機会となりました。やっぱりもっと現場に出て活動していかないといけないですね。

 DSC_4013 DSC_4021 DSC_4064

 今回の登山は、摩耶ケーブルロープウェイを使ったので上に着くのはあっという間!と思いきや、やはりコロナ禍の為、定員の半分に人数制限をしていたのでかなりの時間が掛かりました。

先頭の子たちは掬星台に着いてからかなり待つことになりました。

何しようかなー?と、考えていると。

DSC_4074

子ども達から『この葉っぱ何?』と質問がありました。

松の葉っぱを使って、引っ張り合いっこをしてみよっかと子ども達に提案。

今の子ども達はこういう遊びをしていないんですね。誰も知らなかったみたいで、乾燥した落ち葉を使ってやるんだよ!とお話をしながらみんなで遊びました。

楽しく遊んでいる中で、生きている樹から直接とろうとする子も出てきたので、少しお話を入れました。枯れている落ち葉を使ったゲームをしていること、生きている葉をとる必要があるのかどうか?を考えるいい機会にもなりました。

DSC_4081

 やっとみんなが集合したので出発!

DSC_4148

 おいしいごはんも食べて自由に遊ぶ時間を入れました。

DSC_4156

 滑り台で遊んだり、思い思いの遊びを子ども達がしていました。

さて、ある程度遊んだ後は…!

DSC_4198 DSC_4196 DSC_4185 DSC_4215

 施設を知ろう!ということから、普段でしたらグループに1枚の地図なんですが、コロナ禍の関係もあるので一人1枚地図を渡して、グループで施設を探索が始まりました!

 これまで活動した場所、知らない場所、短い間でしたが色々なところを子ども達は見て回りました。

もっとたくさん時間があれば!と思ったんですが、やっぱり日帰りはあっという間ですね。

もう帰る時間に…。

 DSC_4260

 帰りは登山のお客様も大変多く、定員の半分で運行していることもあり時間がいつもの待ち時間の倍かかってしまいました…。

保護者の皆様には、遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。

アウトドアクラブでは、子ども達が楽しみながら学んでいける場『体験から学ぶ』をテーマとして、

子ども達の居場所となり、安心して子ども達が活動できるような、場所づくりを子ども達と一緒に作っていけたらと考えています。

神戸市立自然の家 ノゾエ

6月10日アウトドアクラブ活動報告!

2020/06/12 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

皆さんこんにちは。

連投になりますが、6月10日に行うアウトドアクラブの活動報告です!

 

DSC_3886

10日から関西は梅雨に入るということで、前日から天気予報とずっとにらめっこでした。

朝5時に起きて、天気予報とまたにらめっこ。昼過ぎから雨が降るかな?とも思いましたが、

2か月の間活動を延期したり中止したりと、きっと子ども達も待っているはず!

ということで、開催する方向でご参加いただく皆様にご連絡いたしました。

結果、子ども達の祈りも届きアウトドアクラブの活動中はほとんど雨も降らず、無事1日を終えることができました。

 

では、どんな活動をしたかというと?

DSC_5215 DSC_5280 DSC_5296 DSC_5289

登山をしたり、掬星台で走りまわったりと久しぶりにみんなで全力で遊びました!

やっぱり外でみんなでみんなで遊ぶという機会も必要ですよね!

普段登山のコースでは歩かない摩耶の大杉をみたり、梅雨の初めに見られるコアジサイを見れたりと普段と違う景色を堪能できたかな?

DSC_5287 DSC_5408

帰りは雨模様になるということもあり、摩耶ケーブルロープウェイを利用して街まで下りましたが、

摩耶ケーブルロープウェイのスタッフの皆様も気を使って頂き、貸し切りで定員の半分までの乗車として利用させていただけました。

四国からどんどんと雨雲が近づいてきているのが掬星台から見れたり、大阪の方では雲の切れ目から太陽光が降り注いでいたりととても不思議な景色を山の上から堪能することができました。

 

さて、6月9日・10日のアウトドアクラブにご参加いただき本当にありがとうございました。

久しぶりにみんなと会えて、そして初めましての子ども達を迎え入れることができて本当にうれしく、そしてやっぱりこの活動を

これからも続けていきたいと感じたこの2日間でした。

それでは本日はこの辺にて。

神戸市立自然の家 こうべ アウトドアクラブ担当 ノゾエ(のん)

 

6月9日アウトドアクラブ開催出来ました!

2020/06/12 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

皆様お久しぶりです。

ブログを書くのもかなり久しぶりな気がします。

さて、コロナウイルス感染症が広がり2か月ほど活動の自粛要請がありかなりお久しぶりなブログ作成です。

 

神戸市の学校では、6月の前半は分散登校とういうこともあり、分散登校の期間中にアウトドアクラブで何かできないか?と考え、

今回6月9日と6月10日に臨時で開催する運びとなりました。

私自身もかなりお久しぶりな活動になっていたので、自分自身の体力も含めてついていけるかな?と不安もありましたが、怒涛の2日間を乗り切り、今ブログを作成しています!

 

それでは、6月9日がどのような活動になったかというと?

 

DSC_3788

なんとか、梅雨に入らずに9日は活動ができました!

みんなと会うのも2か月振りで、私もドキドキしていました。みんなはどうでしたかね?

DSC_3792 DSC_3795

今回の活動は、登山&登山!

今まで体を動かしていないからこそ、久しぶりに山に登って体を起こそう!ということで、子ども達と一緒に灘駅から掬星台まで歩いて上ってきました!

DSC_4628

普段、摩耶ケーブルロープウェイを使って上がることが多いのですが、今回は摩耶山を知ろうということもあり普段とは違う寄り道をしたりとここまで登山を中心に活動をしたのはアウトドアクラブでは、初めてですかね。

DSC_4705

掬星台についたら待ちに待ったお昼ご飯!

途中から子ども達がずっとご飯まだ?ご飯まだ?とずっと聞かれていましたがせっかくなので掬星台まで我慢して、上まで登ってからごはんタイムとしました。

こんなにたくさん歩いた後のご飯はとってもおいしいよね!みんなごはんを作ってくれる人がいていいなーといつも子ども達のご飯を見て思います。いいなーといっていたら少しおすそ分けを子ども達からいただきました!ありがとう!

DSC_4837

活動をしていく中で、距離をあけての活動やマスクをしての活動の難しさを大変感じました。

基本アウトドアクラブにご参加いただいている皆様には、検温や体調の状態など事前にチェックしていただいております。

ご家庭でのご協力があってこそこういう体験活動ができるのだと本当に思います。

なので、基本活動にご参加いただいている皆様に関しては感染症にかかっていないことを前提にて活動にご参加いただいております。

もちろん、来た時の手をアルコールで拭いたり、活動の合間に手洗いやアルコールで消毒をしたりもしています。

 

DSC_3875

 

子ども達とここでしか体験できない活動を。

そして、こうべ アウトドアクラブが子ども達にとっての居場所となれるように。

これからも活動に取り組んでいきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします。

 

こうべ アウトドアクラブ 担当 ノゾエ(のん)より

2月アウトドアクラブの活動

2020/02/29 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

2月22日~23日に行われたアウトドアクラブにご参加いただいた皆様ありがとうございました。

ブログの更新が遅れてしまい申し訳ありません。

 

写真のアップができましたのでご報告と1泊2日の活動の様子を今回も載せていきます!

本年度のアウトドアクラブも残すところ、後3月7日のみとなりました。

もともと、子ども達が自分たちでプログラムを作るを最終的な目標としていつかできたらなと思っており、まだそこまでできる雰囲気ではないのでさわりということで、子ども達に3月でどんなことをしたい?と子ども達に聞いてみました。

時間は25分ほどあり、グループごとにどんなことをしたいのかを話し合ってもらってから班ごとに提案してもらい、全体として私も入りながらすり合わせをしていきました。

料理系・運動会系・ポイントラリーなどが子ども達から上がってきましたが、今年一年の中でしたことも結構ありましたのでそれは次年度ということでお話をさせていただき、運動会系のドッチボールなどは学校や時間が空いたときにしようということでアウトドアクッキングとしてできるチーズフォンデュ作りになりました。

 

さて、それでは2月の活動報告です。

DSC_2273

 週刊予報をずっとみていて、当日が曇りから雨となっておりバスを使うかをずっと迷っていましたが予報は変わらず…。

朝5時に起きてずっと天気予報とにらめっこ。6時で空と天気予報の雨雲レーダーをみて雨と判断しました。

予想どうり開会式前に雨がぽちらぽちらと降ってきました。

雨のため雨に濡れない軒下をお借りしましたが商店の皆さん場所を使わせていただきありがとうございます。

 

さて、あいにくの雨模様から始まりましたが…。

DSC_2278

 まずは、バスに乗り移動しました。

バスに乗って自然の家に向けて出発ー!

自然の家についたらまずは多目的ホールに移動!

DSC_2283 DSC_2287

 やはり山の上でも雨が降っていたので、まずはアイスブレイクっということでレクリエーション(仲間作り)をしました。

DSC_2295 DSC_2300

 今回したゲームは…、名前を忘れているゲームばかりです。一つだけ覚えているのは王様とスナイパーというゲームぐらいかな。

右側の写真が、そうなんですが一人王様をグループの中で決めてもらいスナイパーは王様にタッチすればスナイパーの勝ち。王様以外の人が王様にタッチされないように守れば王様グループの勝ち。っていうゲームです。自然の家のスタッフが鬼で王様を頑張って探してタッチしようと必死に回っているところですね!

 さて、レクリエーションで楽しんだ後はごはんタイム。

DSC_2320 DSC_2331

 ごはんタイムが終わったら、部屋に移動なんですが移動する前に、班も部屋のグループも今回は一緒にしていたので各グループでルール作りをする方向になりました。

 グループのメンバーが変わればルールも変わると私は思っています。子ども達も必要性を感じてくれているみたいで自分たちから作るということを言ってくれた班もあったので真剣に作っていましたね。

 DSC_2334 DSC_2338 DSC_2346 DSC_2348

 大人だと一人でできることでも、小学1年生からなので協力して準備しないとなかなかできません!

なので、オリエンテーションで自然の家の説明をするには、『一人でするよりも二人でお互いに声を掛け合って準備したら上手いことできるよ!ただ、手伝ってーといっても誰も手伝ってくれないからまずは自分から手伝うよっていう声を掛ける勇気をもっていこう』と伝えています。

 さぁ、部屋の準備ができたみたいなのでお外を見ると…まだ、雨降っている…。

ポイントラリーの予定で考えていましたが、また多目的ホールに集合にしました。

DSC_2352 DSC_2410 DSC_2420 DSC_2423 DSC_2466 DSC_2499

レクリエーションの中で今回の様子を見ていて、コミュニケーションで話している人と離せていない人が感じられ得意な子が中心に話している雰囲気が出てきていたので会話をメインな活動から共同する活動に切り替えないといけないかなと感じたため、積み木を使っての共同することができる内容に変更しました。

積み木を使って一人遊び どの子が高さ一番!?とグループで町を作ろう!、子ども達からドミノ倒しをしたいとのことでドミノ倒しの変形でどのチームが長く作れるか!などを取り入れながら最後は、一つ崩したら順番に崩れていく積み木をしました。

うん、だいぶ雰囲気がよくなってきましたね。終わったころには雨がやみ霧が発生していましたが、夜は外にでて活動しました!暗闇の活動のため、すいません写真は撮れていませんが…。

 

活動の中で、雲間から星が見えたり静かになる中でどんな音が感じれるかを考えてもらったりとしました。

足元が危なくないところでは夜の暗闇の中で目をつむり懐中電灯の光を消し、暗闇の中で目をならして歩いたりと少しでも自然の中を感じてもらえたかな!?

 

1泊2日があっという間に過ぎ去りましたが皆さんいかがでしたか?

色々な活動を取り入れながら主体的な活動になるようにこれからも場の提供をしていきたいと考えていますのでどうぞよろしくお願いします。

 

それでは、本日はここまでにて

神戸市立自然の家 アウトドアクラブ担当 ノゾエより