神戸市立自然の家 スタッフブログ

「 月別アーカイブ:2020年11月 」 一覧

11月22日~23日のアウトドアクラブ1日目!

2020/11/23 | スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

皆さんこんにちは。

 

11月22日~23日のアウトドアクラブの活動について今回アップ致します。

 

今回の活動は、アウトドアクッキングをメインとした活動にしており、子ども達が自分たちで火をつけ、また食材なども自分たちで調理をします。自分に何ができるんだろう?をたくさん考える機会になるかな…?

 

では、活動内容です。

DSC_8266

 天気にも恵まれ、気温にも恵まれましたね。

寒すぎず暑すぎずと集合するときはちょうどいい温度でしたね。

今回の活動人数は35人のお子様がご参加いただいております。

 少しずつご参加いただいている人数が増えており、ご紹介など本当にありがとうございます。

人数的にはここら辺をめどに(私が把握できる人数のぎりぎりかなと)、同じ内容で月に2回ほど開けたらなとも今考えております。

また、それは来年以降のお話となりますが、今回新規としてや紹介の体験ということで6名のお子様がご参加いただいております。

 DSC_8442

 さて、今回は久しぶりの泊りでの活動ですのでじっくりとグループの時間をとることができております。

どうするかは、グループとして話し合い決めていきます。

例えば!早速掬星台についたら、子ども達からごはんを掬星台で食べたいという声がちらほらと。

10月もそうだったなーと思いながら、子ども達に聞きます。

ご飯をここで食べたいっていうこと、自然の家で食べたいということがだいたい半分半分でした。

 『さて、どうする?』、せっかく職員が2人いるので、子ども達にグループでどうするかを考えてもらい動くことにします。

グループとして納得いくように、したいことがあるならうまく相手に伝えて説得をしないといけません。

男の子たちは、はだしの里でご飯を食べたらすぐに遊びたい!ということで、自然の家へとみんなの希望が決まりました。

女の子たちは、掬星台でご飯を食べてから自然の家を目指すということで決まり、2つに分かれることに決定しました。

私は、4班も一緒に見ているので、掬星台で一緒にのこり、とりぞーにはだしの里組は任せました。

DSC_8477

 色々と声を掛けてくれる高学年の女の子たちが多く、それぞれ役割を決めて低学年の子を見てくれていたので今回はきっかけ作りをして自分が見ている班は、子ども達同士である程度任せています。

 DSC_8506

 はだしの里についたら、少し女の子たちも遊ぶ時間を作ってから、施設の中に入ります。

自然の家では自分で布団をひいて自分で片付けもします。なので最初は施設の使い方から説明をして、少しグループ作りのためにゲームをして遊びました!

 DSC_8531 DSC_8534

 これから1泊2日一緒に活動をしていくので、お互いに名前で呼び合えるようにお約束として伝えてゲームをしています。

今回は名前を呼びあったり、伝え方を中心としたゲームをいくつか取り入れながらグループで遊んでみました!

 DSC_8555 DSC_8556

 グループレクリエーションが終わったらお部屋で布団をひき、クッキングまでの時間は自由にしていいよと伝えたら、準備ができた子から順番にロビーで遊びだしました。お友達同士で参加している子は、他の部屋ができるまで本を読んでいる子もいましたね。

この時間をどうやって過ごすかも子ども達の自由です。自分たちで何をするのか。自然と自分たちで声を掛けてロビーで遊んでいます。

 DSC_8563 DSC_8589 DSC_8601DSC_8565

 今回のメインはチーズフォンデュ作りです。

火のおこしかたを学んで火おこし組と調理をメインに包丁で食材を切る子たちに分かれてスタートしました。

フォンデュは、大きなアルミホイルの中に入れて串にさしてつける。つけた後は自分のお皿に乗せて箸で食べるとしてみんなで楽しみながら料理作りができたかな?感想はまたお家に帰ってきたら聞いてみてくださいね!

 あっという間に3時間が過ぎたころ雨がぽつぽつと降ってきました。少し強くなってきたので、焚火は断念。

でも子ども達からマシュマロは食べたいと強い希望が…!

 BQコンロの炭でマシュマロを焼くことにしました。

DSC_8711

 写真としては…笑顔ですが、この前に説明を聞かずに男の子たちはずっといらないことをして私に怒られています…。

(理由としては、マシュマロを食べたいという子が多かったので、笛を使って呼びかけ、その説明をするから一度座ってくださいと2回言いました。が、座りません。そのうえで違う話をずっとしていて5分以上たち、その間女の子たちは座って待っています。もちろん、気づいて座っている男の子もいましたし、リーダーもずっと声を掛けていたんですけど。よほど重要なお話だったんでしょう…。女の子たちの時間がもったいないので、男の子たちにはどうすれば前で話している人がいたら話を聞けるようにできるんだろう?をマシュマロの時間で考えてくださいとお話して女の子たちには流れの説明を。男の子たちは話し合いの時間に。きちんとグループで話し合ってちゃんと話し合ったことを守れるのならマシュマロを焼く時間にしますとなりました。)

 基本的に、子ども達が自分で考えて自分でできることは自分でする。できないことをチャレンジしてできるようになるように少しずつこのこうべ アウトドアクラブで成長していってほしいなと思い活動しています。が、自由には責任があると私は考えてもいます。なのでちゃんとやらないといけないことできることはちゃんとする。していいことと悪いことに関してははっきりと伝えて、これからどうしていくのかを考えてもらっています。最初からちゃんとできたらいいんですが、誰でも最初は出来なくて当たり前なので、きちんと説明をできるだけわかりやすく伝え、実践できるなら実践しながら伝える方法を極力とるようにして、そのうえでやってはいけないことや何度も同じことを説明しないといけない状況の時に怒るようにはしています。

 怒るとき、自分も近所のおじちゃんに遊んでてよく怒られたなーとふと思い出しました。おじちゃんもこんな気持ちやったのかな?

とりあえず私は、怒るのは疲れます…。

話がそれました…。

DSC_8729 DSC_8743

 すいさんのお片付けをして、お風呂に入って、ホットココアで一休みをして早く寝る子は寝て、まだ眠たくない子は21:45まではロビーで遊んでとそんな1日を子ども達は過ごしています。

 さぁ、明日は火のつけ方などは今日伝えたので説明は入れずにカレー作りを子ども達はチャレンジします!

 それでは本日はこの辺にて。

神戸市立自然の家 ノゾエ

♪森のようちえんクッキング♪

2020/11/17 | スタッフブログ, 森のようちえん  投稿者:神戸市立自然の家

こんにちは!自然の家の吉賀(よっちゃん)です♪

先日開催しました『森のようちえんクッキング』の様子をお伝え致します。

遅くなってしまい、申し訳ありません。

 

記念すべき第1回には、12組のおやこさんが参加して下さりました。

 

はじまりの会では、みんなで絵本を読みました。

▼今回の絵本はこちら▼

500_Ehon_105107

『おさるのジョージピザをつくる』(作:M.&H.A.レイ )

好奇心旺盛なジョージが、お友達の家のピザパーティーに招待されました。

初めてのピザ作りに大はりきりのジョージは、みんなが隣の部屋で遊んでいる間に1人で生地を延ばしていき。。。

 

絵本を読んだ後、「ジョージみたいにみんなもピザ作りにチャレンジしよう!」ということで野外炊爨場へ向かいました。

 

今回参加してくれた子たちは、パンは作ったことがある子は居ましたがピザはみんな初めてということでした。(ジョージと一緒ですね!)

おうちの人と一緒に、こねこね。

PB030016こねこね

PB030015こねこねPB030011

ひたすらこねこね、、、PB030009

最後はおうちの人が仕上げをしてくれて、まん丸でツヤっとしたキレイな生地が完成しました!

 

この後、生地を発酵させなければいけなかったのでその間に焼き芋作りの準備をしました。

濡らした新聞とアルミホイルでお芋を包みます。

PB030020

「このままお芋置いてたら、カラスに食べられちゃうかも!」ということで枝で蓋をすることに!

PB030022PB030019

お友達やおうちの人と力を合わせて、たくさん枝を集めてくれました!

 

枝で蓋をし終わった頃、そろそろ発酵したかな?という事で生地の様子を見に行くことにしました。

発酵は大成功!生地は2倍ほどに膨らんでいました(*^^*)

 

「大きくなったね~!」と嬉しそうな子どもたち!

次はいよいよ、生地を延ばしていきます。

PB030029

麺棒を使って、延ばします。

PB030026

 

みんな、破れないよう慎重に延ばしていました!

 

延ばした後は、フォークで穴を空けて空気抜き。

PB030031その後は具をトッピングしました!

PB030032PB030036「コーンたっぷりのせる!」

「野菜ばっかりのピザとウインナーばっかりのピザにした!」

と、みんな口々に教えてくれましたよ♪

 

トッピングの後は、いよいよ焼いていきます。

 

今回は、スタッフのさ~くんお手製のドラム缶で作ったピザ窯を使いました(*^-^*)

PB030042子ども達もおうちの人も、「缶々や!」とビックリしていました!

PB030043

 

さぁ、上手に焼けるかな?

 

 

じゃーーーーん!大成功です!

 

PB030047あつあつのうちに、いただきました!

美味しかったね♪

 

ピザを食べた後は、焼き芋を焼くためにたき火をしたり、

いつも森のようちえんで遊んでいる土のすべり台で遊んだり。。。

おうちの人は、子ども達と一緒に遊んだりコーヒーを飲みながらたき火を囲んでまったりタイム♪

みんな、思い思いの時間を過ごしました(*´ω`*)

楽しかったね♪

 

その後は、出来上がった焼き芋をみんなで食べました。

0501ホクホクで美味しかったね!

焼き芋と一緒に、焼きマシュマロも食べました。

PB030052焦げないようにじっくりじっくり焼き、とっても美味しそうな焼きマシュマロになっていました♪

「焼き芋もマシュマロも、もっと食べたい!」と教えてくれた子がたくさん居ました。

また、森のようちえんで一緒に作って食べようね♪

 

最後に、『ありがとうございました、さようなら!』とあいさつして、おしまい!

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!また森で遊ぼうね~!

 

 

 

 

大変お待たせしました。ハロウィンキャンプ!

2020/11/06 | スタッフブログ  投稿者:神戸市立自然の家

こんにちは、ガクです。

今さらで大変恐縮ですが、10月に行われたハロウィンキャンプの報告をします。

 

image

ハロウィンの目玉の一つ、カボチャ!

今回は大人だけでオリジナルのジャック・オ・ランタンを作ります。

 

 

 

DSC_1527

お好みのカボチャを選び、

 

 

 

 

 

DSC_1533 DSC_1535

思い思いに彫り込んでいきます。

みなさん、話かけ難いほど真剣です。

 

 

 

――一方その頃子どもたちは、

 

DSC_7502

部屋を散らかして

大人を驚かせるためにお化け屋敷を作っています。

 

 

 

 

DSC_7499

DSC_7523

だいぶん出来上がってきたみたいです。

 

 

 

 

その頃、大人組のカボチャは――

 

 

 

DSC_1542 DSC_1550

ふ、震えるほど凄いものが出来上がってます!

 

 

 

夕食を食べた後は、お待ちかねの仮装パーティ!

 

DSC_7614 DSC_7547

みなさん本気で仮装してます!

 

因みに、

DSC_7557

 

 

スタッフも仮装してます・・・

 

 

 

 

 

そして今回、見事グランプリに輝いた仮装がこちら!

 

DSC_7786

優勝賞品としてハッピーターンが贈呈されました。

 

 

 

 

 

その後は子どもたちが一生懸命作ったお化け屋敷!

 

DSC_7755

ですが、暗すぎて写真がほとんど撮れていませんでした・・・

噂によると、血糊も使ってあってリアルだったとか、靴下が真っ赤に染まったとかなんとか・・・

 

 

DSC_7757

ロウソクは明るいので写ったみたいです。

 

 

 

 

そんなこんなで1日目のハロウィンパーティが終了しました。

 

 

――――後編へ続く

10月31日 アウトドアクラブの活動 改定

2020/11/03 | アウトドアクラブ, スタッフブログ  投稿者:ノゾエ トシヤ

みなさんこんにちは。

10月31日に開催したアウトドアクラブの活動を記載していきます!

 

前日、夜の気温が自然の家では9度ととても寒かったので、

当日大丈夫かな?と思いつつも蓋を開けてみれば結構暖かい!

集合場所で待っているとき上の服を着ていると暑くて…。脱いでしまいました。

 

DSC_7977

 天気もとてもよく気持ちいい気候。

シーズンとしても最後のカヌーをする季節かなと思いつつ、子ども達の集合を待っていました。

DSC_7983

 今回参加は22名のお子様です。

久しぶりに参加のお子様や初めての参加のお子様もおり、どんな子かな?前回の活動を覚えてるかな?と、1年生の子もいるのでゆっくりと歩きながら自然の家を目指しました。

 ちょうどこの日はハロウィンの日でした。

DSC_7994 DSC_8030

 摩耶ビューラインもハロウィン仕様にっ!!

ケーブルに乗っているとき「なんでハロウィンなのにフクロウがいるの?」と聞かれましたが、答えられません!逆に私も聞きたかった!!

 私が子どものころはハロウィンなんてなかったので、私自身もよくわかっていません。ハロウィンって何なんでしょう?

 話が脱線しましたが、摩耶ケーブルロープウェイを利用して掬星台へ向かいました。

掬星台に着いたときに子ども達から、『お腹すいたー』の声がみんなからたくさん出てきました。

『ごはんは掬星台で食べる?』と聞いたところ、みんなが「食べるー!!」と同意したので予定を変更して掬星台で食べることにしました。

 私がアウトドアクラブをしているとき、こうやって子ども達から意見や考えがあれば全体を通じて確認し、プログラムを変更することがたくさんあります。もちろん、全員が納得しなければ意味がないので、したいこと・やりたいことを聞いて伝えることもあります。自分で何でそれをしたいのかなど、周りの子たちに説得することを自分たちで考えて話し合ってもらいます。周りの子を説得するということ、相手にどうやって伝えれば納得できるのかなど、自分たちで考えることを放棄して指示を常に待つ子ども達が増えるのではないかなと思います。学校教育も転換期に入ってきており、最近自分自身の考えを伝える場が増えてきていますよね。

自分一人で活動しているわけではなく、自分以外に周りに人がいる。伝え方や話し方によっても受け取り方は人それぞれ違う。常に私が指示を出すのではなく、できる限り子ども達同士が話し合う場、みんなで作っていく場として『こうべ アウトドアクラブ』は実施していきたいと考えています。

 DSC_8088

 今回のメイン活動はカヌー体験とたたき染活動。

カヌーは去年も参加した子が多かったので初めての子も含めてもう一度説明をします。

 DSC_8172

 この天気!カヌー日和ですね!

DSC_8187

 カヌー体験が終われば、たたき染め用の草木を自分たちで取りにいきます。

植物にはたたき染めに向くものと向かないものがあり、子ども達は考えながら植物を取っています。

 取ってから『この葉っぱは向く?』とよく聞かれますが、たたき染に向く葉っぱは最初に説明しているので、自分たちで考えてもらいます。

『自分が向くと思うなら取って持っていこう。』実際に向かないときは叩いても色素が出ないので、答えは教えずに自分で考えて体験から気づく。些細なことかもしれませんが、そういうところを大切にしています。

 PA310060DSC_8240DSC_8217DSC_8246

 たたき染めの活動は、植物を叩いて色素を出して定着します。

素直に形が出るもの、出ないもの。色々と違いがありますが、子ども達の特徴が出て面白いんですよね。

ただ、音がうるさいので、お外での活動をするにはいいんですが、今回はテントロッジの中で活動しました。

 納得できる、出来ない、色々ですが時間はあっという間に過ぎていきます。

もう15時に…。

 帰る時間になったのでお片付けをして、出発へ。

本当に日帰りでの活動はあっという間で時間が足りません!

もっとしたいことが沢山あります。そこで!次回11月22日日帰りでの予定でしたが、11月22日~23日の1泊2日に変更しております。また、12月13日の日帰りを12月12日~13日の1泊2日で予定したいと思います。

皆さんのご参加お待ちしております。

※ご参加いただいています保護者の方から、フクロウ、こうもりなどなぜ?と書いていることを調べてくれました!

昔は、ハロウィンの時期にたき火を焚くことも習慣としてあったそうです。

焚火には自然と虫が寄り、その虫を食べるためにフクロウやこうもりも集まってきたということです。

またフクロウの鳴き声には、たまに甲高い声などがあり魔女を創造するとのことで、ハロウィンにはフクロウも関係があるとのこと。

なるほど!ですね。日本でいうお盆の変わりと思っていましたが、そういうお話もあるんですね。

調べていただいてありがとうございました!

12月なのでクリスマスパーティーを自分たちで作り上げようとして、今プログラム案を考え中です。

皆様お楽しみに!

 それでは本日はこの辺で。

神戸市立自然の家 ノゾエ